01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

木星の南極の鮮明画像 

宇宙の無人探査機ジュノーが木星に超接近して撮影した南極の写真をNASAが公開したみたいですね。
一般的に知られている木星の写真というとデカくて茶色っぽい星にまだら模様、そして大赤斑と呼ばれる超巨大な渦(どれくらい巨大かってと、地球が2~3個スッポリと入ってしまう位らしい)が見える画像が有名ですが今回公開された画像は茶色いだけじゃないって所がポイント。

jupiter_space_photo.jpg
こちらが木星の南極上空を通り過ぎた時に撮影された画像。
実際の画像に処理を行って色を鮮やかにしたものらしいですが、それでも中心付近はおなじみの茶色ではなく青っぽいエリアが広がっていますね。
これ、何が凄いって木星の南極上空らかの写真って事。
通常の観測では木星の側面写真しかあり得ないワケですがこれは極からつう事、しかも超接近して(木星はガスが主となる星のため、そのガス雲の雲頂約10万キロの距離からの撮影とのこと)の撮影で今まで見えていなかった多数の嵐であるとか様々なものが見えているそうです。

このまま技術が勧めば、いずれ木星人も発見できちゃうんじゃないだろうか・・・
スポンサーサイト
2017/02/20 Mon. 21:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

今度のトマトはクリーミー 

抹茶シーフード味が斬新だった日清カップヌードル。
今度はCheeseTOMATO味ってのが売ってたのでチャレンジしてみました。

cheese_tomato_noodle_1.jpg
日清カップヌードルのトマトと言えばロングランのチリトマトが有名ですが、これもその派生系なのかな?と思っていましたがチリ的な文字はなく解りにチーズの文字が。
クリーミーでチーズって事でしょうか。

cheese_tomato_noodle_2.jpg
パット見、カレーヌードルっぽさもありつつトマトが強調されていますね。

cheese_tomato_noodle_3.jpg
んで中身がコチラ。
トマトスープらしく赤が基調とされていますが、チーズキューブが沢山入っていました。

cheese_tomato_noodle_4.jpg
お湯を入れて三分で完成。
チーズが良い感じにトロトロに溶けています。

cheese_tomato_noodle_5.jpg
他のnoodleとかと同じくよーくかき混ぜないと底にスープが固まっていますのでしっかりとかき混ぜてから食べます。
実際の味はトマトベースが強く、やや酸味のある感じですがチリトマト味みたいに辛くはなく、確かにクリーミーでした。
ただ、思ってたよりもチーズ味が強くはなかったのでいわゆるピザ的な味わいを求めると肩透かしを食らうかも。
またトマト特有の酸味のあるスープが苦手な方はスープの味が気になってしまうかもしれませんね。
逆にチリトマトのヌードルが好きな人はストライクゾーンにしっかりと入る味かと。

これがロングランになるか一過性のものになるかは不明ですが、先の抹茶シーフードみたいに結構速いうちにメイン市場から消えてしまう可能性もあるので気になった方はお早めにチャレンジしてみてください。
2017/02/19 Sun. 20:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

やっと揃ったSG-1 

以前、海外ドラマのスターゲイトSG-1のDVD全話をレンタル落ち中古やらコンプリートBOXやらで揃えたことを書きましたが実はたった1話だけ不完全な状態であったのです。
それはシーズン1に入っている”一人ぼっちの星”と言うエピソード。
レンタル落ちの1シーズンDVD(ディスクのみでケースなしのセット)に入っていたんですが、このディスクだけ・・・と言うよりこのエピソードだけディスクエラーが起き、開始10分程度でラストシーン直前に強制的に飛ばされてしまうと言うもの。
ディスク自体に大きい傷とかは付いていないので完全にディスク自体のエラーか、それともレンタル落ちと言う過酷な環境だったせいかは不明なのですがとにかくこの話だけ完全にみた事が無かったんです(厳密に言うと後のシーズンでコンパクトではないDVDボックスの特典としてフルバージョンで入っている話もあったりするのですが)。
しかもこの”一人ぼっちの星”と言う話は今後の展開につながるターニングポイント話の一つとなっている重要なエピソード。
この話だけは見たいと思ってはいたんですがコレだけのために1シーズンのDVDボックスを買うってのもアレかなあ・・・
でもこのエピソードだけが入っている単品DVDを中古とかで探すのも奇跡的な確率(なにせ200話を超えるシリーズのため)だよなあ・・・
そもそもSG-1の中古DVD自体があまり見かけない。
と、地元近辺のブックオフにたまたま立ち寄ってみるとSG-1の単品ディスクが3枚だけ置いてありました。
ただレンタル落ちのこの話が入っているのは1シーズンのディスク4、ブックオフにあったのは1シーズンのディスク3。
惜しい!実に惜しいよ・・・残念。
と、そのディスクを手に取りエピソードガイドを見ると・・・

”一人ぼっちの星”

なにぃ!!!??

どうやらレンタル版とセル版ではディスクに入る話数の構成が違うからか、番号がずれていました。
そもそもレンタル板の1シーズンは青を基調としたジャケットデザインですがセル版は赤を基調としたデザイン。

20170218200235064.jpg
こちらが実物。
左のがセル版のディスクです。

20170218200237025.jpg
一人ぼっちの星はセル版だと3話目ですがレンタル版だと1話目となっています。
んでもって速攻で購入し(驚愕の250円!!)、早速再生。
また途中で飛ばないかとドキドキしながら見ていたんですが最初から最後まで無事に再生され、無事に通してみることが出来ました。
いやなかなか奇跡的な巡り合わせ。
非常に感謝ですよ。

しかし改めて見てみてもSG-1はメッチャ面白いですわ。

2017/02/18 Sat. 20:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

ラスト・リッツ 

以前、記事でヤマザキナビスコが提携終了につきヤマザキからナビスコの冠が消滅した事を書きました。
その時、ナビスコ自体の商品に関してが生産拠点やら何やらが変わってリッツやオレオではあるけどリッツやオレオでは無くなってしまい、日本人に親しまれたリッツ等はYBC(ヤマザキビスケットカンパニー)のルヴァン等に受け継がれているらしいです。
もはやデッドストックで見つける以外、ヤマザキナビスコ時代のリッツは食べられないのかなあっと思っていたら、床下収納からデッドストックのリッツ、しかもヤマザキナビスコ時代のものが出てきました。
いやさすがに賞味期限とかヤバイだろう・・・とか思いましたが・・・

ymzk_ritz_01.jpg
実はコレ、防災用の超巨大リッツ。
何かが起きたときのために常備しておいたのです。

ymzk_ritz_03.jpg
ただ(ありがたい事ではありますが)その何かは起きないまま、このビッグ缶のリッツの賞味期限が数カ月後に迫ってきました。
なのでこのまま賞味期限が切れてしまうのは勿体無いので食べてしまうことに。
新しい常備ビスケットはYBCの何かをまた買えば良いですし。

ymzk_ritz_02.jpg
今はなきヤマザキナビスコの冠を背負ったリッツ。
泣けてくる。
いや泣かないけどもね。

缶が超巨大なので当巨大なリッツビスケットが出てくるんじゃないかと、それ1枚で1日分の食料になってしまうような、そんなのを期待しつつ開けてみると・・・

ymzk_ritz_05.jpg
まあそりゃそうですよね。
この商品のために新しい生産機器を入れる事はないですよね。
よく見たら缶にも5パック入りとかって書いてありました・・・
しかしコレ、ぎっちりに詰まっていて取り出すのに一苦労。
多分、開封するまでに数枚はブチ割れるんじゃないかと・・・

ymzk_ritz_06.jpg
んでもって中身・味はヤマザキナビスコのリッツそのものです。
サクサク、塩気、そのままでも美味しいですし映画ターミナルの主人公のように(映画ではクラッカーでしたが)ケチャップとマスタードを付けてサンドイッチにするのも美味しい。

ルヴァンは食べたこと無いですがこれに近い感じなんでしょうか・・・
ジャケットが青くなって形が四角くなってるだけで味が同じならそれを食べたいですね。
どうも新しいリッツは世界販売用なのでヤマザキナビスコ時代と味が変わってしまったという意見をチラホラ見かけるので・・・

ヤマザキナビスコ時代のリッツ、防災用の常備ビスケットとして購入された方は床下収納とかに眠っている可能性があるので賞味期限が切れてしまう前に是非ともサルベージして食べてみて下さい。


オーイエー、やっぱり売ってましたね。
食べ終えた後はこちらを常備しておこうかなあ・・・
2017/02/17 Fri. 17:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

イン・ザ・ジャパン。シーフードゥ・マッチャッ。 

速く食べないと多分速攻で店頭から無くなるうだろうなと思ってた矢先、早速”商品入れ替えのため”棚に運ばれてしまった日清のカップヌーダァーを手に取りレジへレッツ&ゴー。

cup_macha_sfd_1.jpg
もはやどんなコンセプトで出したのか謎の気配が漂う日清カップヌードル・抹茶「抹茶仕立てのシーフード味」。
絵柄とかヤバイ。
特に”じゃぱんぬーどるず”の文字とか・・・

cup_macha_sfd_2.jpg
イエス・フジヤマ!
まあ抹茶だけに緑色なんだけど、まあフジヤマ・ゲイシャはじゃぱんの象徴ワードみたいなものなので。

cup_macha_sfd_3.jpg
んでもって蓋パカーのファースト・インプレッション。
と、これは正直驚いた感じ。
抹茶仕立てのシーフード味ってなってたので「どうせカップヌードル・シーフードの汁だけ抹茶にしたんでしょ?」とか思ってたんですが麺も抹茶仕様に。
この瞬間、期待ゲージがグーンっとUP。
他の具材は通常のシーフード(スープ類抹茶色)っぽかったです。

cup_macha_sfd_4.jpg
お湯を入れて3分後。
蓋をあけると「ふわ~ん」と抹茶スメル。
おお、これ良い感じじゃね?
とお箸でよーっくかき混ぜる。

cup_macha_sfd_5.jpg
抹茶麺も良い感じにスープと馴染んでいました。
かき混ぜると抹茶の香りがしつつも通常のシーフードの風味も出現。

cup_macha_sfd_6.jpg
緑色の抹茶麺、実際の味も抹茶が軽く感じられ、シーフードベースの抹茶スープに良く合いました。
基本的には抹茶の味がするシーフードヌードルですが何だかクリーミーな風味、そしてスパイシーなのも混ざっている感じがします。
限定商品っぽいしかなりのゲテヌードルを覚悟していたんですが思いの外、良ヌードルでした。
まあ地元のスーパーでは商品入れ替えされてしまうので、再度購入するなら安売りスーパーとかの特売を狙うしか無いかもしれませんが・・・

あと細かい所ですがジャケットに所々描かれている「それどんな日本よ?」的なイラストも胡散臭さ満載で良い感じ。

cup_macha_sfd_7.jpg
DJ SUMO!!

cup_macha_sfd_8.jpg
解りづらいですが謎のカップヌードル・ガチャガチャ。
しかも台数が多い。

cup_macha_sfd_9.jpg
NINJA MAMA-CHARI!

80年台の映画とかで間違った日本が画面に登場してきた感がしますね。
ジャケットとかコンセプトはヘンテコですがカップヌードル自体は真面目な味付けなので、もしコンビニとかで見かけたら是非とも食べてみて下さい。
この手の間違いジャパンシリーズ、他にも色々と出してほしいですね。

2017/02/16 Thu. 19:28 | trackback: 0 | comment: 0edit