09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

小さい事はジャスティス!  

昨今のレトロゲームブームの中、いよいよレトロゲームの本家本命、任天堂がアノ名機を引っ提げ満を持しての登場みたいですね。
その名も”ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ”!

mini_famicom.jpg
この手のひらに乗ってしまう感を見てもわかる通り、オリジナルのファミリーコンピューター略してファミコンの約60%のスリム化に成功した他、HDMI端子での出力対応、ソフトウェア中断機能対応など、現代のテクノロジーが満載。
もうテレビにUHFのアンテナがなくても、砂嵐の2chに回さなくてもいつでもファミコンが出来る!

まあサイズからご推察のとおり、オリジナルのファミコンカセットは挿すことができませんし、電源投入直後にバグってフリーズしてた場合はカセットを引っこ抜いてフーフーする事も無用なワケです。
と言うのも本体に厳選された30本のファミコンソフト、ディスクシステムソフト(スーパーマリオ、ゼルダの伝説など任天堂のものの他、アトランチスの謎やダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会などサードパーティーのもの)が含まれており、それらをセレクトする方式となっているみたいです。
電源つけたら中身は(すでにソフトが入っている)バーチャルコンソールって事でしょうね。
とはいえこの形でのリリース、しかも小型化は良い感じかもしれませんね。
ただ残念なのはここまで気合の入った造形にしたのだから、やはり専用のアダプタ等を介しても良いのでオリジナルのファミコンカセットを使える様にできればなあ・・・と思いました。
まさにメガドライブに専用のメガアダプタ(通称カブトガニ)をつけることでSEGAマークIIIソフトを遊べるみたいな感じに。
あと、フロントにある端子に拡張コントローラを付けられるようにすれば3人、4人プレイのゲームも出来て面白そうなんだけど、たぶんこの形状だとカセット挿入部分も拡張端子部分も形だけ存在して開かないんだろうなあ・・・
尚、前述の中断機能はソフトごとに4つまで作成されるらしいのでファミリーでそれぞれ違う攻略を楽しめるって寸法らしい。
発売は11月10日、価格は税別5,980円。
ソフト30本だから1本あたり200円と考えれば(本体価格は無視として)かなりお得なのかも(もちろんやりたいゲームが多ければの話)。

ちなみに同種の手乗りゲームとしてはSEGA(正確にはSEGAとライセンス契約をしている中国のメーカー)メガドライブの手乗り機があるみたいです。
sega_genesis_classic_console.jpg
こちらは形はそっくりではないですが、ミニファミコンとは違いオリジナルのメガドライブ(SEGAジェネシス)のソフトを挿して実際に遊ぶことが出来るそう。
ただし内部で動作しているエミュレータが不完全でバグを含んでいるらしい他、サウンドがよろしくない、映像出力が前世代の方式など多くの弱点要素が含まれているみたいです。
こちらもミニファミコンと同様にソフトウェアを最初から内蔵しているのですがその数なんと80本!
と言ってもSEGAのは40本ほどで残りは中国メーカーのオリジナリティあふれるゲームとの事。
日本国内では発売はしていないみたいなんですが、約60ドルとミニファミコンと同じくらいみたいですね。

個人的には本家SEGAにて形がそっくりのミニメガドライブ、そしてミニメガCD(各種オリジナルソフト対応版)を是非とも発売してもらいたいですね!

20160930233447541.jpg
そうすれば、うちにあるメガドライブのソフト、ごっそりと再生できるんだよなあ・・・


インテリアとしても良いかもしれないし、このサイズなら持ち歩いて友達の家で即席ゲーム大会なんてのも出来るかもしれないですねえ。
※再度書きますが定価は税別5,980円です!今、予約すると発売日には入手できないとしても入荷次第順次発送されるそう。何故か定価より遥かに高額の物がありますが騙されないでっ!


上述の中国版とは違い、非ライセンスのメガドライブ互換機。
エミュレーターは若干のバグを持っているらしいけどとにかく安いので気にはなってる感じ・・・
ただ、やっぱHDMIじゃないんだよなあ。。。
スポンサーサイト
2016/10/01 Sat. 00:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

無の黒船、音楽配信サービスSpotify、上陸 

先日、音楽配信サービスの雄、Spotifyが日本国内でのサービスを開始しましたね。
このサービスは月額980円の定額あるいは広告付き無料のプランにて4000万曲もの楽曲を聞き放題になるというサービス。
類似のものではApple MusicやAmazon Prime Music、Google Music等が国内ではサービスを開始していますがこのSpotifyはスウェーデンからスタートし、現在では音楽配信では最大手の一角を担うサービスとの事。

spotify_entory.jpg
とまあここまで書いておいてナンですが、個人的にはSpotifyを含め、この手の定額音楽サービスに関しては手放しで喜ぶべきなのかどうかという考え方です。
もちろん、いち音楽ファンとしてならば超低額あるいは広告を見ながら(聴きながら?)無料で一生かかっても聴ききれないような音楽ライブラリにアクセスできるのはとんでもない時代になったと思うんですが、これが音楽を作る側からするとこのサービス体系は非常に厳しい部分もあるんじゃないかなーっと思うわけですね。
Youtubeしかり定額配信しかり、今現在音楽や映像、その他もろもろ無料や低価格で拝聴ができる時代となっていますが、音楽や映像作品は以前の記事で紹介したように人工知能が日々無限に作り出しているワケではなく、人間が有機的に作り出しているんですね。
これを作り出す為に、作る側も色々とお金がかかるワケでして・・・
例えばギターを入れるならギターを購入する、あるいはギタリストを雇う、歌を入れるならマイクを購入する、きちんとしたスタジオで録音するならスタジオ使用料を払う、またトラック制作をする場合にも先の記事でも紹介したような音楽ソフトウェアを導入したりパソコンを導入したりシンセサイザーを導入したりと音楽を作るって部分は何かとお金がかかります(もちろんストリートでフルアコースティックで行うようなパフォーマンスなどお金が極力かからないものもありますが)。
皆がみんな趣味で音楽作っているんならそれでも良いんですが、それで食べていかなければならない、あるいは食べていこうとしている人たちからするとこの手の定額の音楽配信サービスは高すぎるぐらいの巨壁となると思うんですよね。
例えばある試算によるとSpotifyである程度の収入を得るには再生回数が2億回(200,000,000回)を越えなければならないなんて話もあります。
世界で数千万人の利用者がいるサービス、一人当たりの1日の時間は24時間ですからその中の3分~5分程度を使ってもらい楽曲を聴いてくれる人が200,000,000人必要になるつう単純計算です。

これが世界的なアーティストとかであれば比較的容易に達成、あるいは軽々と目標人数を超えるでしょう。
しかし、世界の片隅で細々と音楽を作っているアーティストにとって、この様な数字はとてつもない強運と何らかの外的要因等がからまない限り(例えばポール・ポッツやスーザン・ボイルの様なタレント発掘番組による爆発的スターターなど)難しい可能性があります。
この問題はすでにSpotifyを撤退したアーティストも言及しているみたいです。
もちろんお金をかければよい音楽ができる、あるいは全ての人がお金の為に音楽作ったり演奏をしたりしているわけではないんですが、どの様な形であれ音楽を続けていくうえでお金は絶対的に必要なものだと思います。

いずれにしても近い将来には音楽配信や音楽定額サービスはメインとなる音楽の聴き方になるとは思いますがその時、その後に音楽を作り出す人が居なくなる様な文化にならなければ良いと思います。

ちなみに僕が考える音楽定額サービスのメリットとしては・・・
・低価格(あるいは条件付き無料)でとてつもない数、数多にわたるジャンルの音楽ライブラリにアクセスできる。
・普段聴いたこともない、聴く予定もなかった楽曲やジャンルに(おススメ機能や他人のプレイリスト紹介などで)触れることができる
・様々なデバイスから同一のプレイリストにアクセスできる
などがあげられると思います。

逆にデメリットとしては・・・
・前述のとおり、雲の上のアーティストにならないと食っていけない
・サービスが終了したらすべて無に帰す・・・まあこの場合は同種の別のサービスを利用することはできますが。
・音楽が大量消費される”モノ”になってしまう可能性がある。
などがあると思います。

ちなみに音楽配信に関しては時代の流れだなーって思っていますが、個人的にはやはり今でもCDで購入するのが好きですね。

cd_or_spotify_1.jpg
このCDのジャケットであるとか手元に残る物的感であるとか、そう言うのが好きなんですね。

cd_or_spotify_2.jpg
CDを買った帰り道、ポータブルCDプレイヤーは持っていないので電車の中とかでパッケージを開けて中のブックレット、歌詞カードを見たりしながらこのCDの中身に対するドキワクを募らせる時間が何とも言えずって感じです。

cd_or_spotify_3.jpg
ものによってはイメージアートがあったり楽曲制作の裏話が載っていたり、データとして配信されジャケットの写真が画面上に並ぶアレでは味わえない感覚であると思います。
まあ、でも家に帰ってくる即効でiTunesに取り込まれるんですけどね・・・


Spotifyは現在、招待制で順次ユーザーアカウントを作成中でエントリーした方に何らかのタイミングで招待コードが送られるみたいですね。
広告モデルの場合は無料で利用できるとのことなので、興味のある方はアクセスしてみてください。
2016/09/30 Fri. 18:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

ペプシ、トクホミント 

ペプシ・コーラのトクホにレモン&ミントってのが出ていたのでチャレンジしてみました。

pepsi_mint_1.jpg
最近、すべてのトクホに再調査を的な流れになっているみたいな感じなので、このトクホ・ペプシ、レアケースになるかも?

pepsi_mint_2.jpg
「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。」て書いてありますが、まあこれを実践しきってたらトクホ飲料飲まなくても良いんじゃね?とか思ったことは内緒。
味はレモン&ミント。
ペプシのレモンと言えば 一時期スーパーなどではそれしか販売されておらず、人々から選択の自由を奪っていた悪名高き ペプシ・ツイストがありますが、今回は&ミント。
チョコミントでは無いのでチョコミン党としてはアレですが、兄弟のような感じでしょうかね。
ミントですし。

pepsi_mint_3.jpg
漫然と輝くトクホマーク。
トクホマークとトマホークと空目しちゃいそうな感じですね、全然関係ないですが。
んでもって肝心の味ですが、どうしてなかなか良い感じ。
出だしはペプシ・ツイスト的なレモンの風味があるんですが、後半にかけてミント特有のスーっとさわやかな感じが現れます。
結構美味しく飲めました。
ただ、思いのほかハーブ感・・・てと聞こえが良いですが、まあとどのつまりは”葉っぱ感”が強いので、ハーブ、ミント、葉っぱ等が苦手な人には物凄い拷問的な味になる可能性があるのでご注意ください。

2016/09/29 Thu. 18:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

ドリトス・ソルティス 

以前の記事でも紹介しましたが、うす塩味で良い感じを醸し出したドリトス。
うす塩と銘打っている割には若干濃い味な感じがシたことを書きました。
んでもってパワーアップさせるべくなのかどうかは解りませんでしたが、更なる薄さへの挑戦なのかどうかは不明ですが・・・

doritos_mild_salt1.jpg
マイルド・ソルト味ってのがあったので試してみました。
ジャケットからしてサルサソースをディップしています。

doritos_mild_salt2.jpg
ちなみに裏側にはサルサソース等ディップ素材の作り方も掲載(超ブレていて見づらいです・・・)

doritos_mild_salt3.jpg
肝心の味ですが、かなりマイルドな塩味でした。
記憶の比較ができないんですがもしかしたらうす塩味よりも薄いかもしれないです。
でも塩の味はついているのでこのままでも美味しい。
このマイルドさだったらディップしても良いかもですね。
輸入食品でこの手のタコスチップスでプレーンのが売ってたりしますがそれの場合は完全にノー塩味の為、ディップ前提となっている事が多いのですがこれはそのままでも行ける感じです。
まさにこのままでGOOD!DIPでDOOD!
興味のある方、チャレンジしてみて下さい。
2016/09/28 Wed. 23:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

90%オッファー 

VAIOユーザーのポータルサイト、MyVAIOの画面にここの所ずーっと出ている広告が気になっていまして・・・
SN_0921_162x900.png
※画像クリックで正式表示

要はVegas Pro 13って動画編集ソフトがVAIOユーザー向けに最大90%オフで販売してまっせーってことなんですが、何の気なしにクリックしてみた所、確かに安い。

vegas-90off1.png
最も安いEditで3,980円、最も高いSuiteでも8,980円。
動画編集はAdobe Premiere Elementてのを持っていますが何分古いものなので安いんだったら最近のを買ってもいいなあと思いつつも別にすぐに必要なものでもないしなあ・・・って思いながら、ところでEditとSuiteて何が違うんだろうって思ってエディションの違いを確認。

vegas-90off2.png
本体となるVegas Pro 13の違いというよりは付属のソフトウェアやエフェクトとかが違うっぽい感じでした。
付属品で倍額みたいになるのかーっとか思っていましたが、最上位版のSuiteの付属ソフトの中にSound Forge Pr 11の文字が。

vegas-90off3.png
これは元々ACIDと言う作曲ソフトで有名なSonic Foundryと言うメーカーの出した超使いやすい波形編集ソフト。
現在はSONY(更に言うとSONYからMAGIXと言うところが買い取ったので新しいのはMAGIX名義)が扱っていると言うモノ。
単体で購入しても安売り時に8000円近辺、通常だと1万円を超えるソフトウェアが着いてこの値段は結構お得じゃね?って事で更に読み進める。

vegas-90off4.png
するとiZotopeの Nectar Elements(12,800円相当)まで付属するつう事。
これはVSTで動作するボーカルエフェクター。
尚、このソフトはSound Forge単体版には着いておらず、あくまでもVegas Pro 13に付属するとのこと。
つまりVegas Pro 13 Suite を買わないと付属しないパターン。

動画編集はほとんどのケースにおいて使わないにしても付属ソフトとか、結構いい感じじゃね?って思い、9月29日までのスペシャルオファーだってのもあり早速ポチっとな。

んでもってyaku1.8GBのインストールプログラムをダウンロード(これはダウンロード販売版)Vegasからインストール・・・をしようとした所・・・

vegas-90off5.png
な・・・なんです・・と・・・!?
どういうこっちゃ、Windows 10非対応なのか?
と思い、必要動作基準を再チェック。

vegas-90off6.png
な・・・な・・・・なんですとぉおお!!

現在のOS、全力で32bitなんですけど・・・
このまま使えなかったらヤバイなーっと思いつつ、サポートセンターにメール。
このキャンペーン、ソースネクストで行っているんですがダウンロード版であっても理由によっては返品が可能となる安心サポート対応品との事だったので、メインで使おうと思っていたSounf ForgeやNectar Elementsが使えない(認証できない)のであれば最悪返品を・・・って考えてたんですが、どうやら各ソフトウェアは別々にインストーラーが入っており、Vegas Pro 13をインストールしなくてもそれぞれは単体で使えるとのこと。
これらのソフトは32bit対応なので無事にインストールと認証が完了し、返品という事態は免れました。

Vegasに関してはいつか64bitマシンを導入した時にでもって感じですねえ。
しかしそれぞれのソフトウェアの使い方、覚えないとなあ・・・
2016/09/27 Tue. 23:00 | trackback: 0 | comment: 0edit