FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

立川花火大会 in Autumn 

今年の7月末、立川で予定されていた立川花火大会。
60回目の記念大会って事で6000発の花火が用意され、期待値MAXになっていたのも束の間、台風の影響で中止になり(予報では順延予定日の日曜も台風が直撃中だったので順延せず)多くの人が落胆したのも記憶にありますね。
その花火大会、中止直後くらいから「秋か冬に開催できる様に動き出している」などの噂が広がっておりましたが、今回11月23日(金)に開催することが決定したみたいです!

tachihana_20181123.jpg
※画像クリックで詳細ページへ

なぜに金曜日?とか思ったのですが、よく考えたら11月23日は勤労感謝の日、つまり祝日なんですね。
秋~冬に差し迫っているって事で18時~19時までの1時間が開催時間になるとの事。
なお、”様々な事情”が絡んでおり、新しいチラシなどを作ることができないらしく、告知は主にホームページとSNSとなるみたいです。
ただこの時期になると観覧席のある昭和記念公園は16時30分までの営業となっていたはずなので、入場可能時刻等の詳細は続報を待つ感じになるでしょうかね。
なお、夏に行われる場合は公園が19時までの為、18時(実際は最寄り駅である西立川駅の混雑を鑑みて17時頃)に公園の入場が無料となっていましたが、今回は花火開始時刻と公園通常営業終了時刻に若干の差があるので無料入場等は無いかもしれないですね。

以下、詳細。


名称 立川まつり国営昭和記念公園花火大会
開催日時 平成30年11月23日(金・祝) 18時00分~19時00分
雨天決行 荒天の場合中止
※打ち上げ現場において風速が継続して秒速7メートル以上の場合は荒天と定義され、打ち上げ中止となります。(東京都多摩環境事務所火薬電気担当)
観覧場所 国営昭和記念公園 みんなの原っぱ(東京ドームが2つ入る広さ)
入園料 ¥450(15歳以上)
特別協賛者観覧チケット 10月1日(月)より販売開始予定
打上総数 6,000発(予定)
※三寸玉~一尺五寸玉5発以上、ワイドスターマイン、芸協玉、匠玉等
昨年実績 5,000発
※打ち上げ開始から終了までの間、観客を飽きさせない演出が特色です。
交通機関案内 JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
※JR青梅線西立川駅からのアクセスは大変混雑し、西立川駅周辺並びに駅構内ホームの幅が狭く、飽和状態となり大変危険です。特に帰りの混雑による乗車待ち時間は、JR中央線立川駅を利用するよりも長くなります。事前の事故防止のためにもJR中央線立川駅・多摩モノレール等をご利用頂きますよう、ご協力をお願いします。
交通情報 公園周辺の一部道路は交通規制が行われる予定です。
昨年度来観者数 約26.1万人(国営昭和記念公園内来観者)外周道路等含め67.9万人以上
その他 国営昭和記念公園花火大会実行委員会では、立川・昭島両警察の指導の下、観客の危機・安全管理上の見地からメインの観覧会場である国営昭和記念公園内 みんなの原っぱ への観客の誘導を促しております。
花火大会が開催される一晩に出されるゴミの量は60トン以上です。この多くのゴミについては、臨時リサイクルセンターを会場各所に設け、分別収集することで産業廃棄物としての処理量削減に成功しており、資源ゴミ回収、捨てられるゴミの減量に向け努力をしています。
お願い 国営昭和記念公園内(観覧会場)へは、玩具花火等を含む火薬類のほか、法律で禁止されている物、危険物の持ち込みは禁止されています。また、ビン類の持ち込みもご遠慮ください。安全な花火大会運営のため、皆様のご協力をお願いします。
主催/構成団体.他 【主催】立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会
【構成団体】立川市/立川商工会議所/立川観光協会/立川市商店街振興組合連合会/公益社団法人立川青年会議所/国営昭和記念公園管理センター(昭和記念公園 パークス共同体)
【共催】国土交通省関東地方整備局国営昭和記念公園事務所
【後援】東京都
【特別協力】陸上自衛隊立川駐屯地



さすがに6000発の花火を(1年は保管できないでしょうから)廃棄するのはしのびなかったって事なんでしょうかね。
まあそのおかげで秋に花火大会を楽しめるというレアな状況になったわけで結果オーライって所でしょうか。

以下、これまでの立川花火の画像。
tachi_hanabi_2016_7.jpg

tachihanabi_2017_2.jpg
真夏ではなく、冬も差し迫った秋開催の珍しい花火大会。
気温の関係上、残念ながら浴衣とかの参加は難しいでしょうけど、秋の夜空に打ち上がる花火を楽しむってのもオツなんじゃないでしょうか。
雨天では結構するって事なので、荒天やら台風、雷雨等が来ないことを願いますね。
スポンサーサイト
2018/09/14 Fri. 11:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

Say-You 300ep 

ダイソーの200円イヤホンが(値段の割りに)高性能って感じなのですが、我らが西友のプライベートブランドにて300円のイヤホンってのがあったのてモノは試しがてら買ってみました。


300円のは3種類。
うち二つは色違い、かつヘッドセット機能(マイク内蔵)付き、L字プラグ採用で気になったんですが、マイク付きの場合、接続機種によっては使えないこともあるので残念ですがノーマルのイヤホンにしました。


コイツですね。
これはイヤホンのみでI字プラグ。
マイク付きの方もこちらのもフラットケーブル採用で絡みにくいみたいです。
もう1つあった500円のイヤホンはフラットケーブルでは無かったので選択肢からは外れたんですが、こちらも気になる商品でした。


耳を完全にふさぐ耳栓タイプ。
再生帯域も一般的な感じ。
その他にS/M/L各サイズのイヤーチップが付属しています。


ケーブル長は1.2m。
フラットかつ柔らか目で確かに絡みにくそう。
またこれだけの特色として耳に装着した時に外れにくくしてくれるイヤーサポート機構がついています。

肝心のサウンドに関してですが、低域はそこそこ出ていますが高域のパワーがやや足りない印象。
中域に関しても抑えぎみ。
いわゆるドンシャリと言うよりはトンシャって感じで「まあ300円だな」と妙な納得するサウンドですね。
まあ再生機器側でイコライザー調整すればある程度は好みの音に近づけられると思います。

ダイソーの200円イヤホンはほぼ未調整でもそれなりに聴きやすいサウンドになってくれるので少し残念ポイントですね。
ただフラットケーブルやイヤーサポート、そして見た目の良さ等の項目があるので、好みの部分は大きいかと思います。
急な故障用に一本持っておいても良いんじゃないかと。

ひとつだけ解せないのが、、、


パッケージがめちゃめちゃ開けづらい

どれくらい開けづらいかと言うと手では開かず、ハサミを使ってて、かつ両手で渾身の力を込めてこじ開けないといけないくらい。
これは非常なるマイナスポイントですね。

まあでもプライベートブランドとして色んな商品を安く提供してくれるってのは良い感じです。
しかし、ウォルマートが西友を手放す意向を示してるつうことで名乗りをあげてるのはドン・キホーテや中国アリババつう何とも微妙なトコ(どちらも西友色を残してくれなさそう)なので、今後どうなってしまうかが気になりますね。

また西武グループが買い戻してくれないかなあ・・・

2018/09/10 Mon. 07:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

ナイン・オー・ナイン・デイ 

今日は9月9日。
そう、909の日ですね。
オリジナルのROLANDからリリースされてから数十年、様々なメーカーからモデリングやらサンプリングやらクローンやらが出てきていますが今なおオリジナル版は高騰の一途をたどるレジェンド製品ですね。
本家ROLANDからもモデリングによる復刻・・・と言うかリメイク製品とかが出ていますが”みんな”が求めているのはそれではなく、オリジナル、あるいはROLANDの作ったオリジナルに最も近づいたリブート版(アナログ/PCMハイブリッドでモデリングではない)などをリリースしないとこの高騰は収まらない(あるいは出せたとしても高騰は収まらない気がしますが)んじゃないかなあと。


TR-909サウンド。
やっぱ良い音ですなあ・・・まあ中古でも30万とか40万とか凄まじい値段になっているのでアレなんですけどもね・・・
とは言え、サンプリングやらソフトシンセやらでも再現されてはいますし、Machinedrumでも再現を目指したキットなどが公開(以前は有償で販売)されてたりもしますのでオリジンに拘る必要も無いっちゃ無いんですけどね、909(無いんオー無いん)だけにムフフ。


こちらMachinedrumの再現キットMD-909とTB-303クローンTT-303によるデモ。
もうこれだけでお腹いっぱいになるくらいですね。
まあ完全なる再現には至ってはいない感じですがかなり良い線まで行ってるんじゃないかと思います。

この先、実機を所有することは多分無いでしょうけどもこれからも発展し続けるクローンとかインスパイア、リブート機種とかであれば所有する機会があれば良いなあっと思います。


2018/09/09 Sun. 01:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

バート・レイノルズ氏、亡くなる 

アメリカの俳優、バート・レイノルズ氏が亡くなったそうです。
僕らの世代におけるバート・レイノルズの作品といえばアメリカを違法レースで横断するカーアクション映画「キャノンボール」での印象が強い俳優さんですが、実にアメリカらしいバタ臭い顔立ちや演技が非常に記憶に残っています。

breynolds_1.jpg
バート・レイノルズは左の方のちょび髭さん。
右の方のちょび髭さんはドム・デルイーズでキャノンボール劇中ではキャプテンケイオスと言う謎ヒーローに変身するこれまた面白い演技をしていました。
この映画は他にもジャッキー・チェンやサミー・デイヴィスJr.、ロジャー・ムーアなど豪華なキャストが共演していましたね。
ちなみにキャノンボールは3まで制作されているみたいですが3はキャスト入れ替えの作品なのでバート・レイノルズは2までの参加となります。
この映画の時点でも良い感じのおじさんだったのですが亡くなったときの年齢が82歳だそうで、結構お年をめしていた方だったんだなあと・・・

バート・レイノルズさん、面白い映画作品をありがとうございました。

久しぶりにキャノンボール、見たくなってきたなあ・・・

 
2018/09/07 Fri. 11:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

現代人類の終焉 

地球上には数枚の巨大なプレートがあり、それらが動きながら世界の地図を形成している、いわゆるプレートテクトニクスってのがありますね。
研究によるとそのプレートテクニクスはいずれは停止し、それによって引き起こされる様々な要因によって少なくとも人類は滅亡、あるいは地球上の生命自体が滅亡するでしょうって予測がされています。
それがいつ来るかは研究者によってまちまちらしいんですが全員が口をそろえるのは「それは必ず来る」と言うこと。
たとえプレートテクトニクスが停止しなかったとしても役割を終えた太陽は膨張し、最終的には太陽系全体を飲み込むって事らしいので、滅亡を回避するならば外宇宙や外惑星への移るしかないみたいです。
まあもっともそれが起きる可能性があるのは14億5000万年後になると言うお話ですから、現在の我々には全く関係ないんですけどもね。

20180904193937509.jpg
こちら80万年後の超未来まで自作のタイムマシンで旅をする映画、Timemachine。
この映画で行った最も遠くの未来でさえ6億年後なので地球のプレートが停止するのは更に更に先のお話になるみたいですね。
叶うならば精神生命体かエネルギー生命体かになっていてそういう事象を見ることが出来ればなあっとか思ったりしますが、まあそれは夢想に終わるでしょうけどもね。

てな感じで現代人類の終焉はまだずっと先、あるいは別の要因でそれよりも早くになる可能性はあるみたいですがそれでももう少し時間があるって事なんでとっとと宇宙移住計画を進めるか、精神生命体、つまりは高みの存在になる等のネクストステイジに向かわなければならないって感じでしょうね。
2018/09/04 Tue. 21:08 | trackback: 0 | comment: 0edit