04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

リモート・シャッティング 

スマホのカメラにはおおむね満足しているんですがホールドする上だやはり気になるのがシャッター時のブレ。
どうしても押す、あるいはタッチするという動作が含まれるため仕方ないのですが、それを防ぎたい場合はセルフタイマーでシャッターを制御すれば良いんですが、それだとタイムラグが面倒。
そんな時に見かけたのがBluetoothで接続できるリモート・シャッター。
ただこの手のアイテム、1000円前後とやや高い。
とか思ってたらダイソーに売ってたので早速ゲットしてみました。
まあ100円ではなく300円ラインナップでしたが。


こいつですね。
カラーリングは赤、青、黄色が置いてありました。


ダイソー電機商品としては電池もついた状態(テスト用と表記)で交換可能と親切設計。
さすが300円ライン。


付属品は本体と日本語説明書一枚と超シンプル。


シャッター本体横にあるスイッチをオンにすると起動します。
初回起動時にはペアリング要求を出しており、検索できる機器から本体を発見できます。


スマホからはこんな風に見えますので選択すればOK。
後はカメラアプリを立ち上げてボタンを押すだけ。
尚、ボタンはiOSとAndroidの二種があり、対応機種のを押せば良いようになっていました。


機構としては簡易的でボタンを押すとボリュームアップの信号が送信されます。
なのでアプリ側でボリュームキーでシャッターを切れるように設定するだけ。
逆に言うとボリュームキーをシャッターに出来ないアプリだと使えないって感じみたいです。
ちなみXperia XZの標準カメラはボリュームキーをシャッターにする設定はありましたが、これを設定しなくても何故かシャッターが切れました。
ボリュームキーはズームに使っているのでこれは嬉しい誤算です。
iOSの場合はカメラアプリが非対応の場合はCamera360つうアプリを入れてくれとの事。


ボタンを押した瞬間、しっかりとシャッター切れました。


ストラップも付けられるってトコがなかなか便利ですね。
自撮りや集合写真、あるいは望遠ぎみで撮りたいときなど様々な場面で使えます。
これで300円なら良コスパ商品かと。

ダイソーとかってロングランしない商品が多いイメージなので気になって見かけた方は速攻でゲッツしてみてください。



スポンサーサイト
2018/05/21 Mon. 08:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

Xperiaのニューケース 

Xperia XZ用の超スーパー頑丈なケースを買ってからはや5ヶ月。

xperiaxz_ncase_12.jpg
重くてデカいのだけれどその堅牢性はお墨付きなコチラのケース。
重いのかデカイって部分には全然不満も無かったのですが、5ヶ月も使っていると色々とアラが目立ってくる。
その特性から指紋認証が使えない(指紋認証部へもケースがかぶってくるため)ってのに関してはパターン認証を行えば全然問題ないし、いざとなったら登録してある「OK Google!」と叫べばよいだけ。
そこよりも気になるのがケースで本体全体面を覆うからなのか上下左右のフチ部分の反応が非常に悪くなる。
例えば通知や各種設定パラメータを表示させるための上側からの下スワイプが一切できなくなるなど、操作に支障をきたしてしまうのが結構ストレスになったりします。
むしろそれを開くためだけの専用アプリを入れているくらいでして・・・

xpxznewcase_1.jpg
と言うわけで激安のケースを見つけたので早速買ってみました。
本体を柔らかなソフトケースで覆うタイプで画面側のプロテクトはありません。
まあこれに関しては本体自体にガラスフィルムを貼っているので何とかなるかと思うのですが・・・

xpxznewcase_2.jpg
むしろコレの気に入ったところはストラップホールが付いている部分。
あとクリアケースなので本体がきちんと見えるってトコロ。
本体買ってから1年半位立ちますが、今までは本体自体を隠すケースだったためせっかくの本体のカラーリング等を楽しむことは出来ない状態でした。

xpxznewcase_3.jpg
こちらが装着した様子。
まあ安物感は漂っていますが本体の保護って部分では十二分でしょう。
ケースの質感的に変色してしまう可能性とか気になりますが、まあ700円以下ですからその時はその時って事で。

普段使いはこちらにして過酷な現場に持っていく時はデカ重堅牢ケースに付け替えるって使い分けをしていこうかなあっと思っています。

 

2018/05/07 Mon. 23:07 | trackback: 0 | comment: 0edit

アンドロイドが8になる 

数ヶ月前からスマホの通知画面にずーーっと”新しいソフトウェア更新の準備ができました”的な表示が出続けていました。
まあこれは現在バージョン7のAndroid OSをバージョン8へ上げるための通知なのですが、そこはAndroid。
おいそれと早々に(ダウングレードができない)OSアップデートを行うわけには行かぬって感じです。

android8_2.png
とは言えこのまま出続けているのも邪魔ですし、既に出だしてから2ヶ月以上が経過してるっつうので、Andoroid 8とXperia XZの組み合わせの情報などもチラホラと出だしており、大きな不具合は無さそうな気配が確認できてきました。
と言うわけで意を決して最新バージョンにアップデートすることに。

android8_1.jpg
アップデートすることが決まればあとは速いですよね。
アップデートするボタンを押し、ひたすら待つだけ。
ちなみにアップデート中は緊急速報を含め、端末としての利用はできなくなるのでちょっとだけ注意が必要とのこと。

android8_3.jpg
予測と違っていたのが思いの外アップデートに時間がかかるって事。
もちっと速いのかと思いましたが、それなりに時間がかかりました。

android8_4.png
アップデート後に本体情報を見るとしっかりとAndroid 8へとなっていました。
まあ先達の人にならい、アップデート直後に必要情報をバックアップしてから速攻で初期化を行いました。
これにより、バッテリー異常消費問題等も出ることなく、キビキビと動くようになるんだとか。

まだバージョン8ならではの機能的な部分とかは検証中ですが、大きな問題もなく(小さな問題としては画像加工アプリで画像保存時にエラーが出てしまう等はありましたが)、色々と試しながら動かしています。

後は電池の減り方とか通信の速度とかの異常が無ければ良いんですがねえ・・・
Xperia XZのリリース時はバージョン6だった事を考えると8まで対応してくれたってのは結構嬉しい感じですよね。
まあそんなワケでAndroid 8の仲間入り。
果たしてどんなOSなのでしょうかね。
2018/04/22 Sun. 21:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

アンドロイド・デ・ミュージック 

以前使っていたスマホ、Xperia GX(SO-04D)。
現在はXZに切り替わっており、その役目は殆ど終わったかのように見えたのですが、長年使用していた音楽プレイヤーである第5世代iPodの調子がまたまた悪くなってしまった為、急遽音楽プレイヤーとしての再生を目指すことに。
とは言えこの機種、内蔵メモリは16GB、実際に使用できるのは10GB程度。
大きいことは大きいが沢山の曲を入れるには心もとない部分も・・・
そんなおり、半分がGEOへと変貌した地元の本屋さん、ブックスタマのGEO部門に32GBマイクロSDカードが998円(税別)と言う価格で販売されていたので、速攻でゲッツしてきました。

micrsd32g_gh_1.jpg
こちらが販売してあったマイクロSDカード。
ちなみにAmazonとかでは1500円前後で売られていたりします。

micrsd32g_gh_2.jpg
本体とSDカードへの変換アダプタ付き。
尚、Xperia GXは32GBまでのマイクロSDカードしか認識しないらしいです。
前にXZ用に購入した64GBのマイクロSDカードを最初にGXで試してみた所、カード自体を認識しませんでした。

micrsd32g_gh_3.jpg
てな感じで(ちょっと手ブレっちゃってますが)無事に32GBマイクロSDカードを認識。
実を言うと全てのミュージックファイルは50GB以上あるのでライブラリ全曲は入らないんですが、まあとは言えかなりの曲数(本体メモリも合算すれば更に多く)入るだろうし、Bluetoothも対応しているし、箱の中に眠らせておくだけでは勿体無いと思っていたGXが現場復帰するのは良いことですねえ。

しかしまあ、街の本屋でPBではなくメーカー品の32GBマイクロSDカードが税別1000円を切る価格で買えるようになるなんて、すげー時代になったもんですなあ・・・
2018/04/20 Fri. 20:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

ストロング・ケース 

以前、記事でも書いたことがあるSONY Xperia XZ用の純正スタイリッシュカバーSCTF10。
購入当初こそよかったものの1週間ほどでSONYロゴが消え、1ヶ月ほどで透明部分の変色(多分劣化等によるもの)が現れ、ポケットや鞄から出し入れを繰り返し1年ほど経過した結果、見るも無残な姿に。

xperiaxz_ncase_01.jpg
現在の様子がコレ。
外側のシリコンは破れ、蓋にあたる透明部分は一度剥がれかけたものを強力接着剤で無理やりくっつけています。

xperiaxz_ncase_02.jpg
かなり早い段階で印刷されていたSONYロゴが消え、また変色や空気の入り込みが顕著になってきた透明部分。

xperiaxz_ncase_03.jpg
シリコンは裂け、ポケットから出すたびに被害が広がっていく始末。
これは1500円程度のケースならまあ1年ですし納得がいくんですが純正ケース、約6000円したものとなると話は別。
ちょっと雑な作りすぎないかね、コレ?

って事で年も変わることだし新しいケースを新調しました。
手帳型ケースは初めてだったんですが(1年でボロボロになったとは言え)実際使ってみると手帳型も良い感触。
ただ、新しく買うならストラップが付けられるものが良いなあっと手帳型でストラップが付けられるものを探してみるとどれも貧相なものがばかり・・・
そんな時、手帳型ではないのですが心をくすぐるケースを発見。
お値段も2580円(記事執筆時)と純正ケースの半分以下。

xperiaxz_ncase_04.jpg
と言うわけで購入したのがコチラのケース。
Amazonで買ったんですが、同様の製品が複数の出品業者から出ており正式名称は不明。
ですが、LOVE MEIと言うメーカーなのかブランドなのか、はたまた機種なのか兎に角それ推しな感じです。

xperiaxz_ncase_05.jpg
箱自体も結構な重厚感があり、また分厚い感じ。

xperiaxz_ncase_06.jpg
今回、ケースを購入するにあたって悩んだのが色。
普段は黒か好きな色である赤を選択することが多いのですが、心機一転感を出したく自分の中では最も選ばない色である黄色をセレクション。
これで金回りも良くなるんじゃないか!?って淡い期待もしつつです。

xperiaxz_ncase_07.jpg
決め手の一つ、ストラップホール付き(ストラップ自体も付属)のケース。
見て分かる通り通常のシリコンケースとかではなく「アルミ×衝撃吸収シリコン 強靭タフケース」との事。

xperiaxz_ncase_08.jpg
前面背面をアルミで保護、本体自体はシリコンケースで保護され、更には防塵・防水、フロントパネル部分にはGorillaガラス採用のガラスフィルムも搭載している完全防御型のケースです。
まあカメラ部分のみ外界と接触してしまうんですが、これは仕方ないでしょうね。

xperiaxz_ncase_09.jpg
付属品はコチラ。
ウェットペーパー、ストラップ、ケース設置用の六角レンチが2種と予備六角ネジ4本。
そう、このケースはペロっと剥がして本体をくっつけるんじゃなく、シリコン保護ケースにくっつけた本体をアルミ板でサンドイッチにし、六角レンチで締め上げる強固な仕様なんです。

xperiaxz_ncase_10.jpg
まずはケースを分解するために付属の六角レンチでネジを外します。

xperiaxz_ncase_11.jpg
6箇所のネジを外して無事に分解。
背面、前面(ガラス付き)そしてシリコンケースに分離されるのでシリコン部分にXperia XZをセッティング。
尚、このXZ自体にも液晶部分にガラスフィルムケースを貼ってあるので2重ガラスのスーパーディフェンスモードになっています。

xperiaxz_ncase_12.jpg
両側からサンドイッチし、ネジを締めれば完成。
2重ガラスになるので不安であった液晶のタッチ感度も良好。
ただ、レビュー等にも書いてあるのですが上部のアルミが干渉するのか通知領域のドラッグがうまくいかないことが多くなってしまいました。
これを回避するために手袋モードをオンにした所、無事に通知領域等のドラッグ表示が行えるように。
弊害としてはタッチした部分を中心にサークルが表示されるようになってしまう事ですかねえ・・・

xperiaxz_ncase_13.jpg
多分このケース唯一の弱点部分がカメラ周り。
まあこのケースだけではなく、いずれのケースにおいてもカメラ周りはノーガードになるので仕方ないかと思うのですが、これってこの部分に強化ガラスみたいなのを貼れないものなんでしょうかねえ。
まあそれやると写真撮影時に予期せぬフレアとかゴースト、干渉が起きてしまう可能性があるからやらないんだと思いますが・・・

xperiaxz_ncase_15.jpg
側面にあるカメラボタン、音量ボタンそして電源ボタンもスムーズに押せるようにはなっています。
ただ形状からご承知の通り、電源ボタンに搭載されている指紋認証に関しては(ボタン自体が外界に露出していないので)指紋認証機能は使用することが出来なくなっています。

xperiaxz_ncase_16.jpg
本体上部にはイヤホンジャック用の蓋がついています。
普段は閉めているんですが使う時は開けることが出来ます・・・がアルミ部分の干渉、そして内部シリコン部分の干渉があるため、例えばXZ本体に付属のテレビ用アンテナケーブルは挿せません。
また、イヤホンもL字タイプのものやストレートタイプでも径が大きいものは干渉してしまい挿せない可能性がありますので注意。
本気を出すならBluetoothのイヤホンとかでしょうかね。

xperiaxz_ncase_17.jpg
本体下部にある蓋を外せば充電用の端子にアクセスできます。
この辺りはしっかりとしているので防水機能も問題無さそうですね。
まあXZ自体が防水に配慮した作りとなっているのでダブルガードで行えるかと思います。

xperiaxz_ncase_18.jpg
んでもって今回の目的の一つであるストラップホールもありました。
付属のストラップはメーカーだかブランドだかを非常に主張しているデザインだったため、シンプルなストラップ(SONY製)を取り付けました。

機能として不使用になってしまう部分もあるため、色々な賛否が別れると思いますが最大限の懸念の一つがコチラ。

xperiaxz_ncase_19.jpg
本体込みで400g超えの重量感。
まあスーパーディフェンスを実現するために仕方ないんでしょうが、片手で持ち続けていると結構疲れます。
もちろんスーパーディフェンスにより本体よりも一周り大きくなるため、その辺りの覚悟は必要になってしまうケースかと・・・
ただ個人的にゴツゴツしたこのデザインは嫌いではないのでこの手のアクティブデザイン感が好きでスマホをスーパーディフェンスしたい方は導入を検討してみても良いんじゃないでしょうか。
尚、Amazonとかの写真ではアルミ部分は削りだし感が出ている様な描かれ方がしていますが(少なくとも黄色に関しては)実際はのっぺりとしたベタ塗りな感じなので、削りだし感を求めている場合は注意してください。

カラーは黄色の他、黒、白、シルバー、そして赤がありました。
対応機種に関してはXperia Z3からX Performance、XZ PremiumやXZsなど多岐にわたっているのも良い感じですね。
過去、カシオのG-SHOCKケータイとかにトキメイていた方に超オススメのケースですよ!

Xperia XZ用各種カラー
    

XZ以外の機種に関してはリンク先から選択できます。
2018/01/01 Mon. 18:08 | trackback: 0 | comment: 0edit