FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

nazoniku part.3 

今年もやって来ました日清カップヌードルに入っている謎の肉、通称謎肉をこんもりと使ったカップヌードル。


その名も三代目カップヌードル三種の謎肉ペッパー しょうゆ味!
もはや長すぎてよく解らん!(dejavu)

まあ初登場時は謎肉、去年は謎肉と謎鶏肉と数が増えているので今年は更に増やして三種類にしちゃえばいいんじゃね?的な内容みたいですね。
初代の記事はこちら
二代目の記事はこちら

20180922182220990.jpg
内容としてはBIGタイプですね。
基本ベースはデフォルトのしょうゆ味のカップヌードルです。

20180922182229024.jpg
まあ三種類目の謎肉は以前記事にもした珍種謎肉シリーズに入っていたチリ謎肉っぽいですね。

20180922182252164.jpg
フタを開けると入っている入っている謎肉だらけで三色です。
謎肉祭お決まりのタマゴとエビは入っていないようですね。

20180922182244725.jpg
BIGだけどお湯を入れて3分で完成します。
やっぱ3分で完成するのは良いですねえ。
ちょうど良い時間って感じがします。

20180922182248595.jpg
そのままだと表面が謎肉だらけなので、よーくかき混ぜてから食べます。
肝心の味ですが肉感がスープ自体にも移り、まさに謎肉祭の様相。
麺をとっても肉、スープを飲んでも肉、肉と肉とそれから肉のコラボレイション。

20180922182237973.jpg
こちらが今回投入されたスモークチリ謎肉。
ピリリと辛い謎肉ですがややスモーク感が強いので苦手な方は要注意。

20180922182241143.jpg
麺を食べ終えてもこの肉の残り方。
さすが謎肉祭。
肉感は増して美味しいことは美味しいのですが、やはりスモークチリ謎肉のスモーク感が強く、スープにまで食いついた結果としてペッパー感が薄れてしまっていた印象です。
この部分で好みが分かれるかもしれませんがピリ辛謎肉と醤油スープが思いのほか良いコラボになってるので気になる方は是非とも食べてみてください。
スポンサーサイト
2018/09/23 Sun. 01:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

地獄ヤング 

いつもやり過ぎる事で有名なペヤングソースやきそば。
今回もやりすぎMaxな商品を投入してきたみたいですね。


そのなもペヤングソースやきそば激辛MAX END。
激辛ペヤングの最新作です。
まるで洋ゲーのスライムワールドのロゴの様なENDの文字に激辛戦争に終止符を打つのか、それとも終わりの始まりなのか、不安感MAXですね。



スライムワールドのロゴってのはコレ。
そっくりでしょう。


内容物は至って真面目。
いつものかやくに真っ黒な地獄ソース。
尚、スパイス袋は入っていませんでした。
ちょっと残念。


具材はキャベツ&謎の肉。
カップやきそばの具材がキャベツのみが多いなか、ペヤングは肉入りなのてま嬉しいですよね(ペヨングはのぞく)。

んでもってお湯をいれて3分待ち、湯切りをします。
ここまでは普通のペヤング。


いよいよ地獄ソースの投入。
袋を開けるとまあソースの匂いはしますがさほど地獄感は無かったですが、、、

まあ今回のやきそばも激辛を謳っていますが地獄は一言も謳っていませんからね。


ソースを入れてかき混ぜたら完成。
いよいよ実食ですが、一口目はさほど辛さを感じず「ああ、こう言うとこ感じね。」とか思っている正にその瞬間「いてててて、痛え!!」と辛さと言うより痛さがやってきます。
一口目はピリ辛のソースやきそばですが後追いで激辛がMax Endで追ってくる感じ。
それはまさにナタを持ったジェイソン、鋭利な爪でジリジリ寄ってくるフレディ、巨大なハサミで追ってくるシザーマンの如く。

まあ総括としては辛さつうより痛さ先行なので痛辛いのが好きな人は良いけど、辛みが好きな人は美味しくは食べられないかも知れませんね。
ただ激辛シリーズのEnd表記商品なので食べてみる価値はありかと。



2018/09/16 Sun. 07:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

ペヤンガース 

買ってはみたもののなかなか食べる機会に恵まれず、ずっと放置されていたペヤングソースやきそばの超超超大盛GIGAMAXを遂に食べる事ができました。

pyg_ggmax_1.jpg
ててーん!
超超超大盛GIGAMAX!!
2142kcalと言う成人男性1日分のカロリアンを採れてしまう勢いづいた作品ですね。

pyg_ggmax_2.jpg
真上から見るとペヤング2個分の超大盛とさほど変わらないのですが側面から見ると超超超を名乗る意味がわかります。
分厚い。
とにかく分厚い。

pyg_ggmax_3.jpg
何がすごいってこんだけデカいのにお湯を入れて3分で出来上がるという、通常速度仕様。
お湯は1.3リットルも使うのに!!

pyg_ggmax_4.jpg
内容物は通常のペヤングと同じかやくとソース、それにふりかけスパイスです。
ソースは麺の量から考えると多いかと思うのですが、その他の具材に関してもこころなしか通常のよりも大きい、特にかやくが大きい気がしました。

pyg_ggmax_5.jpg
麺の上にかやくをあけます。
尚、麺は通常のサイズの面が2面2段、つまり4個入っている状態になります。
そりゃ箱もでかくなるわけだ。

pyg_ggmax_6.jpg
お湯はめちゃめちゃ使うので沸かす量を考えていないと途中でお湯が尽きる残念なことになりかねません。
尚、お湯をMAXに入れた状態では大きいペットボトル1個分くらいの重さになります。
熱湯が入っているので注意。


pyg_ggmax_7.jpg
お湯を入れて3分後、湯切り口からお湯を捨てます。
この時が最も熱湯に近づく段階になる&麺をドロップしやすい場所なのでこちらも細心の注意ですね。

pyg_ggmax_8.jpg
続いてはソースを入れ、そしてふりかけスパイスを入れてよ~~っくかき混ぜます。
超大盛りの2倍、通常のと比べて4倍の重量がありますのでかき混ぜるだけで手首が痛くなりますね。

という訳で完成したんですが、もうね・・・
とにかくデカイ!

まあ味としては通常のペヤングソースやきそばなので十二分に美味しいですし、懸念していたソース足りなくて薄いんじゃないか問題もさほど感じられなかったです。
ただ量が多いのでもし一人で食べきろうとする場合はマヨネーズ等の味変グッズを用意しておいた方がいいかも。

pyg_ggmax_9.jpg
私の場合は幸いにもこれをシェアする仲間が数人いたので、一人あたりの量としては通常のペヤング+ちょっと位で済んだのですが、これの約4倍の量であったと考えると、多分食べきれなかっただろうなあ・・・と。

まあ話の種っつう以外にもペヤング4個分と考えても若干安く(通常のペヤングが安売りで100円とかになっていなければ)なるかと思うので食べ切れる自信のある人、またはシェアしながら食べられる状況下の人、そしてお湯を1.3リットル以上沸かせる環境が揃っている人は是非ともチャレンジしてみてください。

尚、アマゾンで販売されている価格はどう考えても高止まり傾向だったため、今回はリンクは未掲載です。
スーパーなどで安いところでは1個350円~400円程度で販売されているみたいです(私も398円で買いました)。
2018/09/11 Tue. 19:16 | trackback: 0 | comment: 0edit

おまえはどこの? 

「お前はどこのわかめじゃ?」のCMでお馴染み(ただし、ある世代よりも上限定)のカップ麺、わかめラーメンが今年で35周年らしく、そんじゃ記念にわかめを3.5倍入れてしまおうっつうワカメワカマーワカマストなカップ麺が登場したらしいので早速食ってみました。


わかめ足りてました?

いや十分足りてますけど。


まあでも35周年なので3.5倍つう安直なシンプルな提案、嫌いじゃない。


添付品はこちら。
スパイスと液体スープ、そして袋一杯のわかめが詰まったかやく。


かやくを面の上に散らすと、もはやわかめ畑の状態に。


ちなみにカップが大きいのでてっきり大盛かと思ってたんですが、わかめが多すぎるので大盛用のカップを使っているだけで面の量は普通(60g)との事なので注意。


お湯をいれて3分後。
やはりこの様な一面に広がるわかめ畑に、、、
これにスープとスパイスを入れてよーくかき混ぜます。


まあ混ぜても混ぜてもわかめが出てくるんですけどね。


麺だけを狙ってるはずなのにわかめが付いてくる。
さすが3.5倍。
増えすぎるわかめちゃんですね。
んでもって肝心の味ですが基本的にわかめラーメンですね。
わかめ大増量なので少しは海草風味になっていますがしょうゆとゴマかおるわかめラーメンの味そのものです。
ただ常にわかめを纏ってくるので麺つうよりわかめ食べてる感じになります。

あと、これだけのわかめを食べたせいか数時間後にオナラが止まらなくなります。
どうやらわかめを大量に摂るとオナラプー状態が始まる場合があるそうですよ。

立ち上がってもプッ、座ってもプッ、歩いてもプッ、プップップッ~♪となるので食べるタイミングにご注意を。

わかめ好きな方にオススメのカップ麺です。
2018/07/01 Sun. 06:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

スモーキング・チーリー 

日清カップヌードルで珍種謎肉を使用したつう触れ込みのが出てたので買ってみました。

cn_smokechili_1.jpg
それがコイツ、カップヌードル・スモーキーチリしょうゆ味。
もはやスモーキーなのかチリなのか醤油なのか、それとも珍種なのか謎肉祭なのか、意味わからんって感じですね。

cn_smokechili_2.jpg
添付品はスモーキーチリオイル。
スモーキーの大部分を占めるであろうスモーキー風味にするオイルでしょうね。

cn_smokechili_3.jpg
蓋の中身はこちら。
珍種の謎肉がたっぷり・・・ってか珍種ってのはチリ謎肉発見!ってパッケージにも書いてある様にちょっと赤みがかった謎肉の事なんでしょうね。
しかしまあ最近思うのは謎肉連発している気が・・・
謎肉なのにもはや標準肉となりつつあり謎感が薄れている感じがします。

cn_smokechili_4.jpg
お湯を入れて3分、最後にスモーキーチリオイルをかけてかき混ぜればOK。
ってかこのカップヌードル、通常よりお湯を多く使う(内側の線が通常のよりも上にある)気がしたんですが、これは気のせいでしょうか?

cn_smokechili_5.jpg
麺は普通にカップヌードルです。
んでもって肝心の味ですが、思っているほど強いスモーキー感はなく、また見た目ほどには(唐辛子っぽいものも浮いている割には)辛くもなく、マイクロピリ辛って感じでした。
珍種謎肉も赤みがかっている割には通常のそれよりもチョットだけチリ感がありますが、まあ普通な感じ。
とは言え、イージーな感じですがスモーキーな味ではありますし、ピリリと辛い成分もあるのでこれらが苦手な人は要注意かも。
ジャケットが紫色で珍種の謎肉ってところが怪しい感じはしますが普通に食べられるカップヌードルでした。

しかしジャケットに描かれている珍種謎肉・・・


途中まで、いくら軍艦巻きにしか見えなかったんですが。
これ、珍種謎肉を描いていたのですね・・・
2018/06/19 Tue. 11:00 | trackback: 0 | comment: 0edit