FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

セルフィーユ 

友人から行こう行こうとずっと言われていたラーメン屋にようやく行くことができました。


それがコチラ、板橋にある下頭橋ラーメン。
入り口はなんの変哲もないラーメン屋と思わせておいて、、、


すぐ横にはこの看板。
そう、背油コッテリのラーメンで有名なお店だったのです。

そこに連れていかれた友人たちはことごとく食べてる最中、あるいは食後、体調に変調をきたすと聞き及んでおり、「からだのけんこうがばんぜんのときに、いくのだぜ」と話していました。
まあ万全かどうかは不明ですが、出掛けてる通り道だったこともあり良い機会だからと突入。

尚、メニューは背油がドップリのラーメンとそれにチャーシューが追加されたチャーシュー麺のみの潔いラインナップ。
ラーメンはベースが750円、麺中盛り(1.5玉)が+50円、大盛(2玉)が+100円、玉子追加が+50円となっています。
チャーシュー麺は1100円がベース。

つうワケで初めて行くお店だったのでノーマルのラーメンをチョイス。
過去の逸話を聞いていると並盛でも変調をきたすって事でしたが、お腹すいてたので中盛を注文。

厨房はがっつりと見えており、調理の詳細が解ります。
マスターのラーメン作りは非常に丁寧な印象。
麺を茹でつつ丼を温めたり、チャーシューも注文グループの人数分ずつスープで温めたりしています。

んでもって遂に出てきたせあぶらドップリのラーメンがコチラ。


丼のフチを含めた背油の散り感がヤバい。
尚、これ表面上の、いわゆる背油チャッチャ系と違い、最後に背油を散らしているだけではないって事実が調理場丸見えなのでみんな知ってしまいます。

まず丼にタレを入れたら背油チャッチャ、次に麺を入れたら背油チャッチャ、続いてスープを入れたら背油チャッチャ、最後に具材を乗せたら最後に背油ジャッジャで完成。
幾重にも重なる背油の層、正に背油のミルフィーユ、いやセルフィーユとなってきます。


数々の惨敗記録にビビりながら一口目の麺を持ち上げます。
セルフィーユを製作してる時点である程度の予測はしていたのですが、麺はやや柔らか目。
隣にいた常連さんっぽいお客さんが麺固で頼んでいたので、そのオプションもあったのかと、、、

まあ、麺は柔らか目でしたがドッシリとしたスープが細めの麺に適度に絡み付き、それと共に背油を入場させてきます。

また最初にタレを入れてから麺を入れ、しばらく置いていたからか麺自体にタレが吸い込まれています。
ただ、その状態でも若干薄めに感じたので卓上の追加タレを入れようと思ったのですが「あれ待てよ、かき混ぜれば底にあるタレが混ざるんじゃね?」と思い、底からぐるりとかき混ぜます。






背油の層がまんべんなく混ざっただけだった



そうである。
セルフィーユとなっている物をかき混ぜれば当然の出来事である。


ちなみに背油はドップリですが見た目ほどくどくはなく、
むしろ(表現が正しいかは別として)アッサリとして麺・スープに絡み付いてもそのまま飲める感じです。
尚、その背油の量なので水が欲しくなるのですがコレと水が胃の中で混ざり分離する事をイマジンすると必然的に水を飲む回数が減ります。


こちらチャーシュー。
小振りではありますが柔らかく仕上げてありました。
これが2枚、あとはネギとメンマ、そしてスライスしたゆで卵が入っています。

最終的にスープは半分以上残し(これは店主も飲むことを推奨していないらしい)ましたが無事に完食。
ちなみに途中、追加タレは入れましたが日によって濃さのブレ、あと麺の固さのブレが若干ある模様です。



なかなかドロドロ加減は伝わりにくいですがこんな感じ。

尚、懸念された体調の変化は特に起きず、夜に時折背油の風味がフラッシュバックする程度でした。
ちなみに翌日に関しても何も変わらない感じでしたが友人はお腹がGary Oldmanだったらしいです。
また裏メニューとしてスープが入っていない、つまりタレと背油のみのスーパーフードもあるらしいですが、かなりヤバそうですね。


背油に埋もれたい人は是非食べてみて下さい。


スポンサーサイト
2018/10/15 Mon. 07:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

あめのちすぺしゃる 

にんにくやと言う名前からしてDENJARASUなラーメン屋があるってんで行ってきました。

ninniku-ya_1.jpg
こちらが店舗外観。
なんだかイタリアンっぽいたたずまいですがガッツリとラーメン屋です。
「雨だからお客さん少ないので是非来て~」的なお店のツイートがありましたが、その甲斐あってか夜も遅めだと言うのにお客さんもチラホラと居ました。
まあ、通常のお客さんの入り状況とか解らないのでそれが多いのか少ないのかは不明ですが・・・

ninniku-ya_2.jpg
一緒に行った友人のおすすめはチャーシュー麺って事だったのでそれをセレクト。
日によってはあっという間に在庫切れになり、食べられない時もあるんだとか。
んでもって見た目は超こってり背脂系のラーメンなのですが・・・

ninniku-ya_3.jpg
麺はとんこつラーメンみたいな細麺。
つるつるっと入っていくストレートな麺です。
んでもって見た目ほどこってりしておらず、むしろ若干アッサリと感じることも。
これと細麺がうまい具合にマッチしてスルスルと食べられます。
尚、にんにくやって店名ですがラーメン自体ににんにくは入っていませんのでニンニク苦手な方や食べたあとに誰かと会う方でも安心できます。

んじゃなんでにんにくやよ?って答えは・・・

ninniku-ya_5.jpg
卓上にある様々な味変調味料の中にどどん!と鎮座する生にんにく。
これにんにくクラッシャーにぶち込み、むんずと握りつぶせばあっという間ににんにくラーメンの完成!
にんにく以外の調味料はゴマ、黒胡椒、紅生姜と焦がしたニンニクだか唐辛子だかの謎ペースト(自家製ラー油?)。
それとスープを濃くするタレでした。

生にんにくをクラッシュして入れるとスープにすごいパンチが出てきます。
さすが生にんにく。
もうこれで吸血鬼が襲ってきても撃退できますね。

尚、人気のチャーシューもすごい肉肉しい感じで美味しかったです。
ちょっと固めでしたが、しばらくスープに漬けていたら若干ふにゃっとなって食べやすくなりました。

ninniku-ya_4.jpg
これが謎ペースト。
舐めるとピリリと辛い感じで、味に変化球をつけたくなった時に投入しました。

麺自体は1人前の量は普通でしたが、雨のちスペシャルって事で雨ツイートをリツイートしたのを見せると替え玉1個無料になりましたので、それをいただきお腹一杯に。

國府田マリ子の名曲。
こんな雨の日に丁度よい曲ですね。

雨も降り、気温も寒々しい日でしたが暖かいラーメン食べてホックホクです。
もちろん帰りの車中と帰宅後の部屋の中はにんにくスメリーで対ドラキュラシフトを組んでいました。




2018/09/28 Fri. 20:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

へのへのもみじ 

めっきり寒くなってきたってんでなにか温かいものでも食べに行こうかってお話になり、そしたらもうつけ麺しか無いよねって事だったので、つけ麺屋さんにいってきました。

momiji_tsuke_koku_1.jpg
それがこちらのつけ麺紅葉さん。
あまりの寒さに手が震えて写真が思いっきり手ブレってます(本当は歩きながら撮ったからだけどそれはここだけの秘密)。

momiji_tsuke_koku_2.jpg
こちらのお店、麺の数種類の中から選ぶことができます。
細麺や太麺、平打麺や変わり麺など、その日の気分によって(あと麺の在庫によって)色々と選べるのが良いですね。
まあ平打麺が食べたくて事前に平打麺の在庫状況を聞いてから行ったので平打麺をセレクトしたんですけどもね。

momiji_tsuke_koku_3.jpg
太めの麺だけあって湯で時間もなかなかかかりますが、待つ甲斐あってのこちらのつけ麺。
一見するとうどんみたいなキレイな平打麺(自家製らしい)です。

momiji_tsuke_koku_4.jpg
初来店だったので何も考えず大盛りを頼んでしまいましたが、思いのほか多すぎてカウンターに出てきた瞬間に危険信号が灯るかと思いました。
まずは一本だけ食べてみた所、程よい噛みごたえに麺食ってるぞ感も抜群。
これは美味しいつけ麺だ感が漂いまくりました。

momiji_tsuke_koku_5.jpg
偏見ってワケじゃないんですが店内は女性のお客さん、それもグループや一人だけの方も多く、また店員さんも全員女性だったのでアッサリ系の麺が出てくるのかなあ?と思っていたんですがつけ汁もガツンと来る感じのが出てきて驚きました。
ネギ、メンマ、なると、海苔、そして刻んだチャーシューが入っています。

momiji_tsuke_koku_6.jpg
ここに自家製の平打麺を投入。
平べったい麺にスープが絡みついてきます。
正直な話、食べている途中でもっとスープ多くないと無くなるんじゃないかって心配したほど。
ちなみに特盛にするとスープが増量されるみたいなので、大盛りじゃこのスープ量で喰いな!って事なんでしょうね、きっと。

momiji_tsuke_koku_7.jpg
店員さんに頼むと無料で出てくる刻み玉ねぎを途中で投入。
これで1段階目の味変ができ、多い麺量でも飽きずに先に進めます。

momiji_tsuke_koku_8.jpg
その他の各種調味料、レモン酢であるとか七味、スープを濃くするつけ麺のタレ、特製生姜の他・・・

momiji_tsuke_koku_9.jpg
七品目のあげ玉などの変化球も。
これを入れると第2段階の味変がかかり、また別の味へとブーストされます。

momiji_tsuke_koku_10.jpg
そして無事に麺を食べ終えると、麺丼の底からは「ありがとう」の文字が出現。
食べきって良かった~って感じでした。

momiji_tsuke_koku_11.jpg
もちろんスープ割りを頼むことも出来ます。
スープで割って味が薄くなってたら調味料から濃いタレを入れたりとか色々と味変をしてスープ割りも楽しめます。
・・・まあ、その前にお腹一杯になっていてスープ割りを完食出来なくなったりするんですけどもね・・・

そんな感じのつけ麺紅葉。
限定麺があったり昼は油そばをやっていたりと飽きさせない手法がたっぷりとあるお店っぽいです。
JR国分寺駅から出てすぐの所にあるのでつけ麺好きの方は是非行ってみてください。


尚、ホームページは こちら になります。


2018/09/22 Sat. 00:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

ミコージャクソン 

八王子の奥深く、もはや高尾なんじゃないかって感じの場所にある八王子ラーメンのお店、味幸に行きました。


どうでしょう、この佇まい。
お昼時と言う事もあり、多少混んでいましたが外に少し並んでから店内へ。
店内に入ったところで美味しい匂いが漂ってきます。

ラーメンとライスにしようかと思ったのですが、盛況からか小ライス1つ分しか無いって事でそれは友人に譲り、ライス代が浮いた分でチャーシュー麺にする事に。


こちらがバラチャーシュー麺。
醤油スープ、細麺に八王子ラーメンの証、きざみ玉ねぎが散らしてある他、海苔、ナルト、メンマと理路整然と並べられたどんぶりの中の小宇宙。
チャーシューは通常1枚のところ5枚になっていました。


味幸のラーメンも細麺でした。
だな八王子ラーメンの本流はめちゃ細麺らしいですね。
やっぱいぬいはガラパゴった進化してるんだなあ、、、と。


こちらメンマ。
多分手で裂いてるんだと思いますが凄く細いです。
手間かかるだろうなあ。

んでもって肝心の味ですが、アッサリとした醤油に玉ねぎの甘味がまざったスープに細麺が絡んできて次々と食べ続けられます。
チャーシューは柔らかめで作られていますが、1枚1枚が薄く、個人的にはもう少し歯応えがあると嬉しいかも。
尚、卓上には胡椒や酢、おろしにんにく等の調味料も完備されており味変も可能。


こちらは友人が頼んだノーマルのラーメン。
うーん、旨そう。
他にメンマラーメンや薬味ラーメン(他のお客さんが頼んだのを見た限りでは玉ねぎがゴッソリと乗っているっぼい)等の麺種がありました。


こちら小ライス。
いぬいでは無くなってしまった沢庵が付いているのは評価ポイント高いですね。
ただ、いぬいではゆかりふりかけが付いてくるので総合ポイントでは(ライスに関しては)ドローですね。

味幸は地域密着している感じ、お客さんも地元の(っぽい人が多く、その地域に住む人の慣れ親しんだ味、ソウルフード的な感じがしましたので末永く続いていって欲しいですね。
2018/09/18 Tue. 08:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

マンゴースティン・パワーズ 

インドカレーのお店なのにトルコ料理のケバブ丼やケバブサンドがあったり、購入時に店先に置いてあるチラシを見せるだけでタンドリーチキンを一個オマケしてくれたりとステキなサービスが満載、拝島イトーヨーカドーのフードコートにあるお店ダナパニ。
このお店に新作(?)であるトルコアイス・マンゴ味が追加されてたので早速食べてみました。


もっちりのび~るトルコアイス・マンゴ味。
と言うかアイス以外にも色々と増えている、、、
まあ今回はアイスにしましたが他のも気になりますね。


注文してから数分で完成。
これで150円(税込)は安すぎる。
ちなみに露店のトルコアイス屋でよくあるアイスパフォーマンスはありませんでした。
まあ器に入ってるし当たり前ですけどね。

肝心の味ですが、しっかりとマンゴー感があり、もちろんトルコアイス特有のモチモチっとした感触もあります。
ただ、アイス自体も伸びますが伸び方は露店のに比べると弱い感じでしょうか、

いずれにしても150円でこのクオリティは二重の意味で美味しいです。
ケバブ丼食べて〆にトルコアイス。


あれ、ここってインドカレーのお店だよね?

まあ正確にはインド・アジアン料理店だから全然セーブなんですけどね。
ナンはめっちゃ旨いしカレー自体も旨そうなのでそのうち食べねば。
2018/09/15 Sat. 08:04 | trackback: 0 | comment: 0edit