05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ヤバドライブ 

以前、ニンテンドークラシックミニの記事で「SEGAもHDMIに対応したメガドライブのミニ版とかを出せば良いのに」的な事を書きましたが中国・香港・台湾でSEGAのゲームを取り扱うAtGamesからメガドライブの互換機、SEGA GENESIS FLASHBACKなる機種が発売されるらしいです。

20170613231511337.jpg
と言っても任天堂の様にミニではなく、ほぼ完全にオリジナルのメガドライブソックリなルックス。
ただオリジナル機種と違うのはこれがエミュレータで動作し、ワイヤレスのコントローラ(付属)や85本のゲーム(55本はライセンスゲーム、内容はジェネシス版らしい)を内蔵し、HDMIによる720Pの出力に対応、さらには本体上にあるカードリッジ・スロットにてオリジナルのメガドライブゲームカードリッジを遊ぶことも可能(エミュレータによる動作のため一部ソフトウェアは対応しない場合もあるとの事)なうえ、現在機種っぽく全てのゲームでセーブやポーズ、巻き戻しの機能まで付いているという夢の機種。

発売開始時期は2017年9月予定、価格は79,99ドルとかなりお買い得。
ただ現時点では日本国内への投入はアナウンスされていないので、手にすることが出来るとすれば並行輸入品となるでしょうが、そうなると価格は高くなるでしょうし初期不良や故障などの場合のサポートなどは敷居が高いものとなると思います。
個人的にはSEGAが販売のライセンスを取得し、7,980円、まあ高くても9,980円位で国内市場に投入しても良いんじゃないかって思います。
とは言え内部エミュレータの仕様や権利関係など細かい内容の精査と検証は必要かと思いますが昨今のレトロゲームブームに乗っかってこの機種、国内に投入してみてはどうでしょうかね。
SEGAさん。
スポンサーサイト
2017/06/13 Tue. 23:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

マイクロソフト、新ゲームハードウェア発表 

MicrosoftがゲームマシンXbox Oneの後継機、Xbox One Xを発表したみたいですね。

xboxx.jpg
こちら新ハードウェア。
形が角ばっており、どことなくPS2っぽい?
全世界発売は11月7日、価格は499ドルの余地とのこと。
今回、より高性能になったゲーム機っつう事で発熱もミラクルになっているらしく、ついに液体霊衣客システムを搭載するそうです。
まあ、ゲーム機のハードウェアは最前線を走っていくとして問題はソフトウェアの充実だと思うのでそれがどれだけ用意されるかってのが普及の鍵って感じでしょうか。
特に従来機の売上が世界的に見ても今一歩な日本ではどう受け取られるかってのが気になりますね。
尚、Xbox Oneのシリーズへのソフトウェアや周辺機器の後方互換を搭載しているみたいなので、その辺りはポテンシャルといえるでしょうかね。

今年のクリスマス商戦に向け、日本ではどうなることやら。
そしてこれに併せてソニーと任天堂では何かを仕掛けてくるのかも気になります。

2017/06/12 Mon. 23:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

実写版ライトニング、賛否両論中 

最近、スクウェア・エニックスのゲームCMでFF13シリーズの主人公ライトニングをモデルのナナオさんが演じていると言うものがありました。
まあこれはディシディア・ファイナルファンタジー・オペラオムニア(DFFOO)にライトニングが出るか否かってモノで、それに沿った形でライトニングの日常的な感じが映し出されると言うものなんですが・・・

個人的な意見と先に書いた上で・・・・とにかく寒い。
まずライトニングを演じているナナオさんの髪色がローズピンクじゃない時点で質の悪いコスプレみたいになっているのと、日常がネタ的すぎて、例えば一般の人が”ぼくのかんがえたさいきょうのライトニング”みたいなノリをそのままキャラ設定に出してきている、お笑いライトニングキャラとして描かれているのが何とも言えない。

ライトニングはクール&ビューティーってキャラ付けがされているワケだから、貧乏ったらしい実写キャラ設定なんていらないんですよね。
どうせやるなら(ヴィトンのCMであったように)フルCG+CV:坂本真綾さんでやるか、どうしても実写でやりたいなら超クオリティの高いコスプレイヤー(主に海外勢)でやって欲しかった。

lrff13_ep1.jpg
要はこのイメージが有るわけだから、これを崩すなって言いたいわけですね。

lrff13_ep2.jpg
ゲーム、特に主人公ならばそれぞれのプレイヤーの思い入れがキャラクターにつまっているわけで、そのキャラクターがどんな人物なのかはプレイヤーごとにイメージが違うのだから大本のキャラ路線をなぞならいならば実写なんてやめて欲しいって感じです。
ましてやゲームへの参戦を待ち望んでいるジャージを着た貧乏ったらしいライトニングもどきなんて真っ平ゴメンなワケですよ。
もちろんこれはモデルさんの罪ではなく、企画やゴーサインを出した人物、そしてこんなCMを作った制作会社の罪なわけなのでただオファーがあってその様に演じた人が叩かれるのはお門違いだとは思いますが・・・

個人的には○○の▲十年後・・・って実写シリーズも思い入れをぶち壊されるので好きではないんですけどもね。
最近はアニメやマンガだけではなくゲームの世界にも原作破壊、思い出ブレイカーがやって来てしまったのかと思うと、本当にやりきれない気持ちになってしまいますね。


ちなみにディシディアのシリーズに関しても、これの最初の作品が出た時ってFF20周年か何かの特別企画で「最初で最後のFF総出演!」みたいな触れ込みがあった気がしたんですが・・・
本来、作品ごとに世界が違うので絶対に交わることのないFFシリーズですが、周年で特別だからって事でお祭り的にした融合だったはずがいつの間にかシリーズ化みたいな事になってて、これに関してもFFの安売り感が強い気がするので(このシリーズが好きな人には申し訳ないんですが)もう融合するシリーズは出さない方が良いんじゃないかなあ・・・っと思ったりしています

何はともあれCMですが、実写のゲームCMでも面白いものは託さ鳴るので(古いところではSEGAのゲームやファイアーエムブレム、ファミコンウォーズなど)実際のキャラを模すのではなくその世界を感じるものにするか、もしキャラを演じるのであればそのゲームのキャラクターとして演じて欲しいと切に思いました。

という訳で、今回の実写ライトニングですが賛否両論で言うとすれば、私としては”否”に1票を投じさせていただきます。
皆さんはどっち?
2017/05/14 Sun. 22:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

ワンコイン・スター 

ゴールデンウィーク期間中、PS3向けのゲームアーカイブスソフトでSEGAがワンコイン(500円)販売セールを行っており、その中で気になったソフトが数本あったのでゲッツしました。

ps3_ps1_1.jpg
それがコレ、永遠の名作RPGファンタシースターシリーズ。
PS2でリリースされていたリメイクであるGeneration1と2、そしてオリジナルのアルゴル4部作を収録したコンプリートコレクション。
PS2の頃は1本2500円、アーカイブスウトアでも800円~1000円前後(くらい?)してたのでこりゃ~お得だ~ッつう事で即買い。

ps3_ps1_5.jpg
ちなみにPS2版は全て持っているのですが、いつかPS3がPS2エミュレート対応した時にやりたいなーっつって幾星霜、遂にエミュレート対応することはありませんでした。
尚、リメイク版の2であるGeneration2はGeneration1のクリアデータを読み込むと特別な事が起こるらしく、パッケージ版に至っては購入してみたものの1度もプレイせずだったりします(1をクリアする前にPS2自体をやらなくなってしまった)。

ps3_ps1_2.jpg
オリジナルはセガ・マスターシステムでしたがさすがリメイク、現代風(と言っても10年弱程前になります)のタイトル画面。

ps3_ps1_3.jpg
ゲーム画面も現在のRPG。
コンプリートコレクションにはオリジナル版が入っているのですが、すごくギラついていてかつ文字がカタカナ表記だったりで、それだけで時代を感じますね。

ps3_ps1_4.jpg
アニメ調のイベントカットのシーンとかも盛り込まれています。
当時は7割位まで進めていたかと思いますが(PS2引っ張り出せば続きができる・・・はず)全てのプレイ情報を既に忘れているので、まあ初心に帰りつつまったりと時間が余った時にプレイしていくつもりです。

しかしこの名作が500円って・・・良い時代になったなあ。
※ワンコインセールはゴールデンウィーク最終日5月7日で終了している模様です。他にも幾つか気になるソフトが有ったんですが、それはまたの機会ですね。
2017/05/10 Wed. 22:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

ニンテンドークラシックミニ一旦生産完了 

発売前から旋風が起きていた任天堂のゲーム機、ニンテンドークラシックミニが一旦生産完了していたそうです。
現時点では流通在庫のみとなっているみたいですが、転売屋の餌食価格となっている模様。
ただアマゾンではなく、通常の玩具店などでは定価販売となっているみたいなので探せば通常価格5980円で買えるかも知れませんね。


しかし気になるのは『一旦』と区切りをつけた事。
これがニンテンドースイッチの生産体制を整えるものなのか、あるいはニンテンドースーパークラシックミニへの伏線なのか、はたまたファミコンのカセットがそのまま使えるニンテンドークラシックミニ2が登場するのか、何にせよ転売屋の勝利に終わると言うバッドエンドにならなければ良いですねえ。
2017/04/16 Sun. 08:06 | trackback: 0 | comment: 0edit