07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

任天堂Switch、ビックカメラで販売抽選ミス? 

3月の発売以来長期的に品薄状態が続いている任天堂Switch。
現在のところ入荷分は大体において販売の抽選が行われ、抽選に当たった人が購入できるって状況らしいんですが今回、ビックカメラで行われた抽選で並んでいた人が前後で179番、181番を渡されたらしく「これで180番が当選したらウケる」的な事を冗談で言ってたら180番、つまり誰も当選券の持っていない番号が当選してしまったとのことで、ビックカメラが謝罪に追い込まれているみたいですね。
と言うか状況から察して不正、例えばスタッフが予めその番号を抜いておいて意図的にその番号が当選するように調整を行っている等の行為が行われているんじゃないかって考える人も居るみたいです。

nintendo_switch_1.jpg
まあビックカメラとしては不正ではなくあくまでも”たまたま”って事らしいんですが、しかし未だに購入自体が抽選になってしまうってのは生産が間に合っていないのと同時に購入「希望者が多数いるって事ですよね。
色々とビッグタイトルも出てくるみたいですし、PS4と共に据え置き機が見直されている感があって喜ばしいことですが、購入希望者が購入できず価格が高騰するってのもなんだかなあって思いますね。

任天堂SwitchやPS VR、他にも小さいスーパーファミコンとか、欲しいと思っている人に行き渡ると良いですね。
スポンサーサイト
2017/07/21 Fri. 23:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

やっぱり出るのかちっさぃスーパーファミコン 

瞬間最大風速的に世の中をあっと言わせ、そしてディスコンとなったニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ。
そのディスコンに唐突感はあるものの大多数の予測としてスーパーファミコン版も出るんじゃないかと言われていましたが、やはり出るみたいですね。


その名もニンテンドークラシックミニスーパーファミリーコンピュータ!
まあそのまんまですね。

今回も当時のルックスそのままに小型化。
ゲームもスーパーマリオワールドやF-ZEROをはじめとしたソフトが21本入って居るそうです。


またファミコンミニの場合、本体にコントローラを格納する為、サイズも小さくなっていましたが、今回は格納機構が無いためコントローラのサイズはオリジナルと同じとのこと。

また例によって海外版と国内版のソフトが違うらしく、ラインナップには賛否両論があるそうですね。


価格は7,980円(税別)、発売予定日は2017年10月5日とのこと。
ファミコンミニの前例もあるので本当に欲しい人はAmazonでもヨドバシカメラでもトイザらスでもハローマックでも良いので希望小売価格7,980円で買える所で予約しといた方が良いですね。

ちなみにファミコンミニの方、ディスコンと書きましたが正確には一旦生産中止って事なので、コレの売れ行きによってはバージョン2とかがあり得るかもしれませんね。

個人的にはスーパーファミコンではなく生粋のメガドライブユーザーだったので(購入したスーパーファミコンを売ったお金でメガドライブを買った)、早く本家からメガドライブミニを出して欲しいですね。
セガさん!
2017/06/27 Tue. 17:14 | trackback: 0 | comment: 0edit

ヤバドライブ 

以前、ニンテンドークラシックミニの記事で「SEGAもHDMIに対応したメガドライブのミニ版とかを出せば良いのに」的な事を書きましたが中国・香港・台湾でSEGAのゲームを取り扱うAtGamesからメガドライブの互換機、SEGA GENESIS FLASHBACKなる機種が発売されるらしいです。

20170613231511337.jpg
と言っても任天堂の様にミニではなく、ほぼ完全にオリジナルのメガドライブソックリなルックス。
ただオリジナル機種と違うのはこれがエミュレータで動作し、ワイヤレスのコントローラ(付属)や85本のゲーム(55本はライセンスゲーム、内容はジェネシス版らしい)を内蔵し、HDMIによる720Pの出力に対応、さらには本体上にあるカードリッジ・スロットにてオリジナルのメガドライブゲームカードリッジを遊ぶことも可能(エミュレータによる動作のため一部ソフトウェアは対応しない場合もあるとの事)なうえ、現在機種っぽく全てのゲームでセーブやポーズ、巻き戻しの機能まで付いているという夢の機種。

発売開始時期は2017年9月予定、価格は79,99ドルとかなりお買い得。
ただ現時点では日本国内への投入はアナウンスされていないので、手にすることが出来るとすれば並行輸入品となるでしょうが、そうなると価格は高くなるでしょうし初期不良や故障などの場合のサポートなどは敷居が高いものとなると思います。
個人的にはSEGAが販売のライセンスを取得し、7,980円、まあ高くても9,980円位で国内市場に投入しても良いんじゃないかって思います。
とは言え内部エミュレータの仕様や権利関係など細かい内容の精査と検証は必要かと思いますが昨今のレトロゲームブームに乗っかってこの機種、国内に投入してみてはどうでしょうかね。
SEGAさん。
2017/06/13 Tue. 23:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

マイクロソフト、新ゲームハードウェア発表 

MicrosoftがゲームマシンXbox Oneの後継機、Xbox One Xを発表したみたいですね。

xboxx.jpg
こちら新ハードウェア。
形が角ばっており、どことなくPS2っぽい?
全世界発売は11月7日、価格は499ドルの余地とのこと。
今回、より高性能になったゲーム機っつう事で発熱もミラクルになっているらしく、ついに液体霊衣客システムを搭載するそうです。
まあ、ゲーム機のハードウェアは最前線を走っていくとして問題はソフトウェアの充実だと思うのでそれがどれだけ用意されるかってのが普及の鍵って感じでしょうか。
特に従来機の売上が世界的に見ても今一歩な日本ではどう受け取られるかってのが気になりますね。
尚、Xbox Oneのシリーズへのソフトウェアや周辺機器の後方互換を搭載しているみたいなので、その辺りはポテンシャルといえるでしょうかね。

今年のクリスマス商戦に向け、日本ではどうなることやら。
そしてこれに併せてソニーと任天堂では何かを仕掛けてくるのかも気になります。

2017/06/12 Mon. 23:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

実写版ライトニング、賛否両論中 

最近、スクウェア・エニックスのゲームCMでFF13シリーズの主人公ライトニングをモデルのナナオさんが演じていると言うものがありました。
まあこれはディシディア・ファイナルファンタジー・オペラオムニア(DFFOO)にライトニングが出るか否かってモノで、それに沿った形でライトニングの日常的な感じが映し出されると言うものなんですが・・・

個人的な意見と先に書いた上で・・・・とにかく寒い。
まずライトニングを演じているナナオさんの髪色がローズピンクじゃない時点で質の悪いコスプレみたいになっているのと、日常がネタ的すぎて、例えば一般の人が”ぼくのかんがえたさいきょうのライトニング”みたいなノリをそのままキャラ設定に出してきている、お笑いライトニングキャラとして描かれているのが何とも言えない。

ライトニングはクール&ビューティーってキャラ付けがされているワケだから、貧乏ったらしい実写キャラ設定なんていらないんですよね。
どうせやるなら(ヴィトンのCMであったように)フルCG+CV:坂本真綾さんでやるか、どうしても実写でやりたいなら超クオリティの高いコスプレイヤー(主に海外勢)でやって欲しかった。

lrff13_ep1.jpg
要はこのイメージが有るわけだから、これを崩すなって言いたいわけですね。

lrff13_ep2.jpg
ゲーム、特に主人公ならばそれぞれのプレイヤーの思い入れがキャラクターにつまっているわけで、そのキャラクターがどんな人物なのかはプレイヤーごとにイメージが違うのだから大本のキャラ路線をなぞならいならば実写なんてやめて欲しいって感じです。
ましてやゲームへの参戦を待ち望んでいるジャージを着た貧乏ったらしいライトニングもどきなんて真っ平ゴメンなワケですよ。
もちろんこれはモデルさんの罪ではなく、企画やゴーサインを出した人物、そしてこんなCMを作った制作会社の罪なわけなのでただオファーがあってその様に演じた人が叩かれるのはお門違いだとは思いますが・・・

個人的には○○の▲十年後・・・って実写シリーズも思い入れをぶち壊されるので好きではないんですけどもね。
最近はアニメやマンガだけではなくゲームの世界にも原作破壊、思い出ブレイカーがやって来てしまったのかと思うと、本当にやりきれない気持ちになってしまいますね。


ちなみにディシディアのシリーズに関しても、これの最初の作品が出た時ってFF20周年か何かの特別企画で「最初で最後のFF総出演!」みたいな触れ込みがあった気がしたんですが・・・
本来、作品ごとに世界が違うので絶対に交わることのないFFシリーズですが、周年で特別だからって事でお祭り的にした融合だったはずがいつの間にかシリーズ化みたいな事になってて、これに関してもFFの安売り感が強い気がするので(このシリーズが好きな人には申し訳ないんですが)もう融合するシリーズは出さない方が良いんじゃないかなあ・・・っと思ったりしています

何はともあれCMですが、実写のゲームCMでも面白いものは託さ鳴るので(古いところではSEGAのゲームやファイアーエムブレム、ファミコンウォーズなど)実際のキャラを模すのではなくその世界を感じるものにするか、もしキャラを演じるのであればそのゲームのキャラクターとして演じて欲しいと切に思いました。

という訳で、今回の実写ライトニングですが賛否両論で言うとすれば、私としては”否”に1票を投じさせていただきます。
皆さんはどっち?
2017/05/14 Sun. 22:43 | trackback: 0 | comment: 0edit