06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FFX & X-2 Super HD! 

ある日、Steamから通知が来ました。
それによると現在行われているセールにてウィッシュリストの中身の商品が半額になってるんだぜ!って事でした。
覗きに行ってみると・・・

ffx_x2_hd_pc.jpg
こんな感じでPC版のFFX/X-2 HDリマスターが3400円のところ1700円となっていました。
とは言え、これとかこれ、あるいはこちらとかでも書いている通り、さんざんやり尽くしたこのリマスター版。
PS3版の後にPS4版が出ていましたが、PS3の時点でグラフィックのリマスターはある程度完了。
PS4版では細かいオブジェクトベースでのさらなる美麗化やPS3版で一部のファンに不評だった(個人的にはそこまでNGではなかった)リマスター音源に加え、PS2版オリジナルの音声が選択可能になるなどのオプションが追加されたりしましたが、別にこれらの要素はそこまで強くは求めてはいませんでした。
が、今回のPC版ではPS4版をベースに、移動速度アップ(x2、x4)、エンカウント率変更(なし、普通、多い)、自己強化(キャラクタのターン毎にHP前回+オーバードライブゲージMAX)、そしてオート戦闘とHUD(字幕も含める)のオンオフ、更には(コマンド実行後には戻せなくなりますが)だいじなもの以外の全アイテム99個、全アビリティの取得、ギルMAX化のスーパーチート・コマンドを実装。
他にも高解像度グラフィック等の設定、オートセーブやSteamクラウドセーブへの対応など一通りのやり込みセットが付いて半額になってるっつう事で、そりゃもう・・・

買っちゃいましたよね。


まあ、唯一残念な所と言えばPS3版、PS VITA版、PS4版では可能だった相互セーブデータのやりとりがSteam版では非対応、つまりはPS3版でやり込んだセーブデータを持ってくる事ができないって事でしょうかね。
でも上記の各種コマンドを使えば新たにニューゲームを始めても十分だとは思いますが・・・



とりあえず序盤ですがリュックと遭遇したので記念に。



そしてユウナの初召喚シーン。
グラフィック含め最高精度に設定しているんですが、それの効果は果たして・・・

あと音楽に関してはPS3版だとそこまで感じなかったけどゲーム中にオリジナル版に切り替えると結構変化しててビックリです。
確かにこの変化はオリジナル版でリマスターをやりたかった人は不評なのかも。

てな感じですがFFX/X-2 Remaster PC版のセールは7月6日までとの事なので気になっている方はこの機会にどうぞ。

個人的には未プレイの人はめちゃくちゃオススメ、PS2版のみプレイの方には超おすすめ、PS3版(PS2版含めて)やった方にはすげーおすすめ、PS4版をやりこんだ方にはチート楽しいのでおすすめですので是非とも買うべし~♪

SteamのFFX.X-2 HD Remaster販売ページ
スポンサーサイト
2018/07/04 Wed. 01:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

PC de PS4リモーティング 

スマフォから同一ネットワーク内のPS4を操作できるっつう超便利アプリ、PS4リモートプレイ。
パソコンでも出来たら便利なんだけどもなあ・・・等と思ってちょっと検索かけてみたら、パソコン版のPS4リモートプレイもリリースされていたみたいです。


マジでか!?



という訳で早速ダウンロード&インストール。
このPCS版のリモートプレイに必要なものはPS4のコントローラ。
これを無線(要・DUALSHOCK®4 USBワイヤレスアダプター)、またはUSBケーブルで接続するのですがワイヤレスアダプターは持っていないのでUSBケーブルで接続することに。
ちなみにワイヤレスアダプターはBluetoothのレシーバーっぽいんですが市販のものでもいけるかどうかは不明です。

20180623000717065.jpg
USBケーブルでPS4を接続するとハードウェアコントローラとして認識(設置環境はWinwos10 Pro)認識するので、その状態になったらインストールしたアプリを起動します。

まず最初の登録等で使用するPS4へのログインを行う必要がありますが、これが完了していれば以後はログイン作業は毎回行う必要はありません。

ps4_rd_1.png
んでもってリモートプレイを行えるPS4を探しだせたらこちらの画面になるのでPS4コントローラのOptionボタンを押します。

ps4_rd_2.png
するとリモートプレイが開始され、PS4への接続を行います。
もちろんこの段階でPS4はスタンバイモードにしていないと探し出すことが出来ませのでそこは注意ですね。

ps4_rd_4.png
んでもって実際の起動後はPS4のコントローラで通常通り操作するだけ。
初期設定では画面の解像度は540p、フレームレートは30となっているので画面が小さいとかカクカクするって場合は初期画面の設定ボタンから解像度やFPSの設定を変更する事ができます。
ただ高解像度や高いフレームレートを設定すると、それだけ通信帯域を使います。
ネットワーク内の接続速度が遅い場合はカックカクになってしまうので、自身の環境に合わせた設定を行ってみてください。
ちなみにウチの環境では解像度は720p、フレームレートは標準の30となっています。
通信はBUFFALOの無線LANを使用し、速度は倍速モード(40MHz)で最大300Mbps(標準値は270Mbps程度)での接続ですが、ほぼ問題ありません。



動画はこんな感じ。
時折、接続速度変化の影響でカクつきますが比較的なめらかに動作しています。
もっと通信速度が早い環境であれば1080pやら60フレームレート等の高設定が可能かと思います。
※1080pはCUH-7000、いわゆるPS4 Proのみ利用できる解像度との事で、それ以外のPS4の場合は720pが利用可能な解像度上限らしいです。

ちなみに最初の起動時にリモートプレイの画面から音声が出てこない状況になったのですが、これはWIndowsのサウンドがPS4コントローラ(のヘッドセット)から出力される設定に切り替わった為でした。

ps4_rd_3.png
この症状になった場合は、設定を開き検索窓に「サウンド」と入力、候補から”サウンドカード設定の変更”を選んでサウンドオプションを開きます。
あとは既定値がヘッドセットイヤフォン(これがPS4コントローラ)になっていた場合は通常使用するサウンドデバイスに規定値を切り替えるだけです。

てな感じでPC版PS4リモートプレイ、非常に便利なのですが、これでまた一つ、音楽を作る部屋でゲームが出来てしまう悩みのタネとなってしまうのが・・・恐ろしい。

PC版(&MAC版)PS4リモートプレイはこちらのページからダウンロードできます。
2018/06/23 Sat. 00:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

The Elder Scrolls、最新作ついに発表! 

アメリカで行われているゲームのイベントE3にてベセスダ・ソフトワークスがThe Elder Scrollsのナンバリングタイトル「The Elder Scrolls VI」を発表しましたね。
前作としてはThe Elder Scrolls Onlineとなっており、これはナンバリングではなく、またオンラインでの世界、The Elder Scrolls内の時代としてもThe Elder Scrolls Vスカイリムよりもはるか昔の話となり、またそれまでのシリーズとは直接関連しないストーリー展開だったとの事で、ナンバリングとして従来作のストーリーの関連性とかが気になりますね。


発表と言ってもまだティザームービーのレベルでサブタイトルすら出てない状態っぽいですが、今回はどのあたりの時代を、そしてどのあたりの地方を舞台とするんでしょうかね。

いつ頃の発売であるとか全然出てきてないのですが、まあ気長に待つとしましょうかねえ。
しかし相変わらず、このメインテーマのフレーズは血沸き肉踊りますなあ。


SKYRIM


OBLIVION


MORROWIND


うーん。
どのバージョンも良い。
2018/06/12 Tue. 18:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

ニンテンドー、ミニファミコン再販決定! 

風のごとく発表され、転売屋の餌食となりスペシャル高騰した挙げ句にミニスーパーファミコン発売と同じ頃にミニファミコンは生産中止的な案内が出てきて色んな所で物議を醸し出したミニファミコン(正式名ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)が遂に再生産されるらしいです!

mini_famicom.jpg
手のひらサイズのファミコンは6月28日に再販開始されるとの事。
少し前にはファミコンのジャンプ関連ゲームを集めた金色のミニファミコンジャンプ(正式名ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン)の発売も発表され、またもや転売屋との戦いが始まるのかって感じがしますが前回手に入れられなかった人はこの再販のチャンスをお見逃しなく。

しかしまあ、ファミコン、スーパーファミコンに加え、メガドライブやネオジオまでミニ化され盛り上がって行きていますね。
多くの(少数な)人はPCエンジンを待ち望んでいるみたいですが個人的にはPC-FXをミニ化して欲しいですね。
ソフトの本数も少ないし、全ソフトを入れても大丈夫なんじゃないでしょうか・・・

しかしソフトの追加やら既存ソフトの再生(プレイ)も可能になるようなミニ化ハードが出てきてくれるとスゲー面白そうなんだけどもねえ・・・(サードパーティ製の互換ハードでそれを実現しているみたいですが)。

2018/05/15 Tue. 23:37 | trackback: 0 | comment: 0edit

セガ→イズ←バック 

セガがDreamcastを最後に家庭用ゲームハードから撤退してはや17年。
遂にハードウェアにカムバックすると言う衝撃的発表がされましたね。
しかも、そのハードウェアは(昨今、任天堂がスマッシュヒットを続けている)ミニタイプの、しかもメガドライブ!

megadrive_mini.png
MEGA DRIVEミニ(仮)と名付けられたこのハードウェア。
元は海外バージョンとのことですがGENESISをMEGADRIVEにするだけではなく、セガが設計し直すとの事。
とは言え内部的にはエミュレーターで動作しているんだとは思いますが、ファミコンミニやスーファミミニと同様に本体に複数のソフトウェアが内包されるスタイルになるとの事。
内包されるゲーム他、詳細は後日発表との事ですが価格とかスペック含め、非常に気になりますね。

まあミニって事なんで既存のソフトウェアは挿せないでしょうが、もし従来のメガドライブソフトが挿せて、しかもゲームが出来るのであれば最高仕様ですよねえ。
後、メガCDミニも出して欲しいですね。
アーネストエバンスやらヘヴィーノヴァ、魔法の少女シルキーリップ、そしてモチロン・・・

fhb_megacd.jpg
惑星ウッドストック ファンキーホラーバンドとかをやってみたいですね。
メガドライブミニが大売れしたら(スーファミミニの様に)メガCDミニとか出てくれないかなあ。
それとかテラドライブミニとか、もうね、夢が広がりますよね。

詳細発表が待ち遠しい!
2018/04/14 Sat. 22:57 | trackback: 0 | comment: 0edit