01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

Octatrack日誌 その132 

Octatrackの新しいSoundPackがリリースされたみたいです。

ancientwaves_spot.jpg
それがコチラ、Ancient Waves!
ドラムやベース、ドローン、パッドやエフェクトサウンドを網羅したパック。
エンシェントって事で太古のとか古代的なニュアンスを意識しているみたいです。
なお、ファイルはWave形式で収録されているのでOctatrackのみならず同社のDigitaktやAnalog Rytm、またはWaveファイルを扱えるハードウェアやソフトウェアのサンプラーなどでも利用可能との事です。

サウンドパックの内容:
ファイルサイズは396 MB、16-bit/44.1 kHz
149個のサンプル(これらにはパッド、ドラム、ループ、ドローン、ノイズなどが含まれています)
※通常、Octatrackのサウンドパックにはシーンとパートを含む表記がされていますがこのパックにはその表記がないため、シーンやパート、あるいはこれらを内包したプロジェクトが無いかもしれません。
詳細はElektronに問い合わせてみてください。

価格は32ドル。
購入はElektronのWebサイトにて。




スポンサーサイト
2017/12/23 Sat. 00:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

Octatrack日誌 その131 

Octatrackに新しいOSアップデートが入ったみたいですね。
と言っても今回は重要なバグフィックスのみのマイナーアップデートとなっている模様です。

ot130c_os.jpg
いつもの事ながらGoogle先生による超意訳翻訳の為、それでもかまわないのだぜ!って気さくな方は折りたたみの先へ。
-- 続きを読む --
2017/11/25 Sat. 20:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

Octatrack日誌 その130 

いよいよやってきましたOctatrack OS1.30B!
そうです。
巷を騒がしている(?)Octatrack MKIIと同じOSを搭載した、Octatrack数年ぶりのメジャーアップデート!

と言うわけで、今回もいつもの様にGoogle先生にお手伝いをお願いした超意訳翻訳なので「そんなの気にしねえ!」ってオーシャンでパシフィックでピースな人だけ折りたたみの先へどうぞ!

尚、今回も超突貫工事的に意訳したので間違っている可能性がありますのでご了承ください。
-- 続きを読む --
2017/11/02 Thu. 23:26 | trackback: 0 | comment: 3edit

Octatrack MK2シッピングナウ 

いよいよOctatrack MK2の出荷が開始された模様ですね。
スウェーデン本国のみならず日本国内でも楽器店に展示機が設置されたりされているみたいなので、予約をした方のお手元にも近々に届くのではないでしょうか。

octatrack_mk2_top.jpg
デザインが一新されたMK2。
賛否両論あるかと思いますが、個人的には非常にカッコイイデザインだと思います。
前の記事でも書きましたが機能的な部分ではいくつかのボタンが追加されたりボタン自体や液晶、出力端子などが変更される等、MK1のリリースから約6年半の歳月により進化した形になっている模様。

ただUpdateページにも記載のある通り次のバージョンアップではMK1もMK2の機能を含む予定との事。

otmk1_update_coming.jpg
”Octatrack MKI OSの次バージョンは、Octatrack MKII OSの機能を含む予定です。”
との記載。
ただしこれが”次の”OSをに絡むのか”今後の”OSをに絡むのか、そこが気になるところですね。
MK1のユーザーとしては”今後の”に期待したいところではありますが、折角バージョンがMK2になった事ですし、MK1の互換に引っ張られずにMK2ならではの新しい機能的な(MDやMMがそうであった様にMK2でしか実現しないような)バージョンアップがされる未来も見てみたい気がしますね。

個人的にはOctatrack MK1でも機能的に十分な感じなのでMK2の追加や乗り換えなどは考えてはいないのですが、いつかは変更したくなるかもしれませんね。
新しい液晶とボタンが非常に気になります・・・(特にボタンは過去修理にも出している為、耐久力が強い方が断然良い)。


これから購入する方はMK2が主力だと思いますが、これに乗じてMK1も安くなったりしているかと思うので案外狙いめなのかもしれませんね。
何にせよOctatrackが盛り上がっているのが嬉しいですね。
2017/10/08 Sun. 21:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

Elektron、mkII始動 


先日Octatrack mkIIが発表されて盛り上がったElektronですが、その興奮冷めやらぬうちに新しいmkIIラインが発表されたみたいですね。
しかもanalog four mkIIとanalog rytm mkIIの2機種。

OT mk2と同様にルックスやパーツの大幅変更、オペレーションボタンの追加等がメインですが幾つかの追加機能もあるみたいな感じ?

analog four mkII







プレス耐性のあるバックライト付きボタンや視認性の高いOLED搭載などDigitaktやOT mkIIをベースにしつつもanalogシリーズとしての進化をしている様なルックスですね。


analog rytm mkII







こちらもルックスやパーツなどハード面の進化が変更がメインですがソフトウェア的な追加もあるっぽい感じですかね?
この辺り実機ユーザーではないので今一差異が不明、、、
その他、双方ともに傾斜がついてオペレートがしやすくなっているっぽいですね。

価格はanalog fourな159,900円とOTMkIIと同じ、analog rytmが189,900円となっているみたいです。

日本語ページへのリンク
米画面上部の各種mkII機種名クリックで詳細が確認できます。

しかしブラックラインのmkIIフィーバー。
突然感はありますが、惜しむらくと言うか予想通りと言うか、現時点で発表が無いのでanalog keysはmkIIへの進化は出来なかったんでしょうか。
この辺りmononachineの時と似ているなあっと思いました。
いやもしかしたらスーパーサプライズあるかもしれませんが、、、

まあキーボード製品は絶対的な出荷数少なそうなので仕方ないですが、個人的にはanalog keysはいつか欲しいなーっと思っていたりします。
今回のmkIIフィーバーでmkIが安くならないかしら、、、


analog four mkIIは9月発売予定、analog rytm mkIIは10月発売予定との事なので気になる方は今から貯金だっ!
2017/07/07 Fri. 07:59 | trackback: 0 | comment: 0edit