01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

Octatrack日誌 その132 

Octatrackの新しいSoundPackがリリースされたみたいです。

ancientwaves_spot.jpg
それがコチラ、Ancient Waves!
ドラムやベース、ドローン、パッドやエフェクトサウンドを網羅したパック。
エンシェントって事で太古のとか古代的なニュアンスを意識しているみたいです。
なお、ファイルはWave形式で収録されているのでOctatrackのみならず同社のDigitaktやAnalog Rytm、またはWaveファイルを扱えるハードウェアやソフトウェアのサンプラーなどでも利用可能との事です。

サウンドパックの内容:
ファイルサイズは396 MB、16-bit/44.1 kHz
149個のサンプル(これらにはパッド、ドラム、ループ、ドローン、ノイズなどが含まれています)
※通常、Octatrackのサウンドパックにはシーンとパートを含む表記がされていますがこのパックにはその表記がないため、シーンやパート、あるいはこれらを内包したプロジェクトが無いかもしれません。
詳細はElektronに問い合わせてみてください。

価格は32ドル。
購入はElektronのWebサイトにて。




スポンサーサイト
2017/12/23 Sat. 00:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

Octatrack日誌 その131 

Octatrackに新しいOSアップデートが入ったみたいですね。
と言っても今回は重要なバグフィックスのみのマイナーアップデートとなっている模様です。

ot130c_os.jpg
いつもの事ながらGoogle先生による超意訳翻訳の為、それでもかまわないのだぜ!って気さくな方は折りたたみの先へ。
-- 続きを読む --
2017/11/25 Sat. 20:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

Octatrack日誌 その130 

いよいよやってきましたOctatrack OS1.30B!
そうです。
巷を騒がしている(?)Octatrack MKIIと同じOSを搭載した、Octatrack数年ぶりのメジャーアップデート!

と言うわけで、今回もいつもの様にGoogle先生にお手伝いをお願いした超意訳翻訳なので「そんなの気にしねえ!」ってオーシャンでパシフィックでピースな人だけ折りたたみの先へどうぞ!

尚、今回も超突貫工事的に意訳したので間違っている可能性がありますのでご了承ください。
-- 続きを読む --
2017/11/02 Thu. 23:26 | trackback: 0 | comment: 3edit

Octatrack日誌 その129 

Octatrackの新しいSoundPackがリリースされていましたね。


その名もHell's Kitchen。
ダークネスで実験的なサウンドセットを加えることの出来るライブラリとのこと。
ドローンサウンドやジャギーなループなどが収録されています。
変化球感溢れるサウンドパックなので使用用途を選びそうですが、逆にこの手のサウンドを探していた方には朗報なのかもしれないですね。

サウンドパックの内容:
ファイルサイズは227MB、24-bit/44.1 kHz
154個のサンプル(これらにはパッドサウンド、奇抜なシンセ、ループやグルーブ、奇妙なサウンドスケープなどが含まれています)
※通常、Octatrackのサウンドパックにはシーンとパートを含む表記がされていますがこのパックにはその表記がないため、シーンやパート、あるいはこれらを内包したプロジェクトが無いかもしれません。
詳細はElektronに問い合わせてみると良いかもしれません。

価格は32ドルでElektronのWebサイトにてダウンロード販売がされています。


サウンドデモ:


2017/03/06 Mon. 20:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

Octatrack日誌 その128 

Octatrack、久しぶり(?)のサウンドパック[Latin Swaggaeton(ラテン・スワッゲトン)]がリリースされたみたいです。

latin_swaggaeton_osp.jpg
以下、Elektron JapanのFacebookでの紹介文。
-----
Octatrack にラテン・スワッゲトン(Swag+レゲトン!)サウンドパックが登場!
ラテン・スワッゲトンにはラテンの情熱に満ちた電子的なリズムやグルーヴに充ち満ちたサウンドパックです。
この サウンドパックのクリエイターは、メキシコのバンド"Kinky"に在籍している Ulises Lozano 氏で、現存するすべての楽器に精通しています(彼の手にかかればキッチン用品ですら立派な楽器に!)。
ラテン・スワッゲトンでラテンなリズムの調理を思う存分にお楽しみください。
-----
まあデモを聴く限り純粋なラテン・サンプルと言うよりは実験的な、そして電子的なスメルが強いですがそもそも純粋なラテン・サンプルなら過去にたくさんのサンプリングCDとか出ていますからわざわざ同じようなものを出さなくても良いのかもしれないですね。

サウンドパックの内容;
ファイルサイズは364MB、24-bit/44.1 kHz
1つのセット、1つのプロジェクト、4個のパート、パートごとに16のシーン、16パターンと348個のサンプル(これらにはループ、ワンショット、シンセサイザー、FX、パーカッションが含まれています)

価格は32ドル、購入はElektronの公式サイトにて行えます。

デモソング:


しかしこの”彼の手にかかればキッチン用品ですら立派な楽器に!”の部分がマクガイバーの匂いを感じさせます・・・
もっともマクガイバーはキッチン用のミキサーとボールで監視カメラを無力化していたんですが。
2016/12/06 Tue. 18:07 | trackback: 0 | comment: 7edit