06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Google Playのアクセサビリティ 

最近、ちょくちょくとGoogle Play(Googleストア)を見ていたりします。
面白そうなアプリをウィッシュリストに加えていつか買うぞーってなったり無料の使えそうなアプリをお試しでインストールする為に探してみたり。
そんな事をしているうちに最近気づいたんですがGoogle PlayってPC上から見ている場合であっても紐付けしてあるAndroid端末がそのアプリに対応しているかどうかを確認してくれているみたいでして。
アプリが紐付いている端末に対応していれば「全ての端末に対応しています」と出るし、一部の機器にのみ対応している場合は「お持ちの一部の端末に対応しています」と出てくれるのが細かいながらも嬉しいですね。
勿論、端末に未対応のアプリの場合は「使用できません」とバッドな答えが帰ってくる場合もありますが・・・

gp_rendou_01.png
紐付けしてある2台のXperia(SO-01B、SO-04D)のうち新しい方、Xperia SO-04Dのみに対応しているアプリの為、一部の端末に対応と表示されています。

んでもって、PC版からアクセスしたGoogle Play。
アプリケーション項目に「インストール」の文字が。
基本的にはAndroid向けのアプリケーションの為、PCからのアクセス(Webブラウザ)でインストール項目が出るのっておかしいんじゃね?
もしかしてPCでも動くのかな?
とか思いつつインストールボタンをクリックしてみたら理解出来ました。

gp_rendou_02.png
インストールボタンを押すとアプリケーションの要求する権限が表示され、また紐付けされた端末(インストールをしたい端末)選択が行えるようになります。
ここでインストールを押せば・・・

gp_rendou_03.png
端末側に自動的にダウンロードとインストールが行われます。
つまり、PCから任意の端末に自動インストールを行うことが出来るって事でした。

冷静に考えればアカウントに紐付いてる端末をストアは掴んでいるんだし、その端末にアクセスする強力な権限を持っているだろうし、外部からインストールボタンを押して端末にダウンロードさせるとか可能なのも当たり前だなと思いますが、違う場所からインストールが実行されるって事に驚きました。

便利です。確かにすげー便利です。スマフォだけだと画面チッサイしインストールするかどうかを検索するのも大変なのでPCから全て出来てしまうのは本当に便利です。
が、一つ間違えば見知らぬ誰かに見知らぬアプリを見知らぬ内にインストールされてしまう危険もあるっつう事で、便利すぎるのもどうなのかなーっとか一瞬だけ思ってしまいました。

尚、インストールは行えますがアンインストールは各端末から手動で行うかストアのアプリメニューに入ってアンインストールを実行するしか無いみたいですね。
ここもPCからアクセスして端末ごとに管理できると便利だったのになあ・・・
スポンサーサイト
2014/07/31 Thu. 16:48 | trackback: 0 | comment: 0edit