07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

アンドロイド・ティービー 

ティービーと言ってもテレヴィジョンでは無く、ベースラインの事である。

先日の記事でプレゼントされたAmazon CoinsにてRepixと言うアプリを購入した事は書きましたが、このRepixと言うアプリは199円。
プレゼントされたAmazon Coinsは500円だったので、残りは301円となっています。
これを8月31日までに使いきらねばならぬーって事で、これまたDEMO版を入れていた音楽ソフトRD3をAmazon Appsにてサーチ。
300円という価格で販売されていました。
尚、このアプリの後継版であるRD4は500円でしたが、既にRepixを購入し301円の残金となっていた為、選択せず。
まあ、目的がTB-303部分の音だった為、必要ないというのもありますが(RD4はRD3機能にシンセ追加とリズムのサウンド追加等の強化要素が入っている模様)。

さて話は戻りますが、まずRD3が何なのかと言うと2台のTB-303ライクなベースラインシンセと1台のサンプリングベースのリズムマシン、4機のエフェクトを搭載したグルーブギア・アプリケイション。

rd3_1.png
こちらがメインミキサー画面。
3機のマシン(TB2台とリズム1台)のボリューム調整や各マシンのパターンセレクト(各マシン毎にA~Dの4パターン。ループ/サイクル/固定のセレクト有り)等ができます。

rd3_2.png
TB-303をエミュレートしたBasslineシンセの画面。
パラメータや独特なシーケンスの打ち込みも実機を模している模様。
各パラメータはタップすると青い色のバーが表示され、その状態で青いバーをドラッグすることでパラメータを変化させる事ができます。
ノブをなぞるように操作しなくても良いのはスマフォやタブレット等でスムーズに触れる様、よく考えられたGUIだと思いました。
複数のパラメータを同時にタップする事で、複数の同時操作も可能です(写真はCutoffとEnv Modのパラメータに個別アクセスできる状態)。

rd3_3.png
こちはがリズムマシンの方。
TRライクな16ステップ入力のリズムマシン。
デフォルトでは808のサウンドですが909や606、Lin等の有名ドコロのサンプル・プリセットもあります。
ただ、プリセットによっては全てのサウンドを網羅されていないことも・・・
例えば909プリセットの場合、クラッシュシンバルが無く代わりにライドシンバルとなっています。
後継版であるRD4の場合、909プリセット内にクラッシュシンバルが存在する(選択できる?)っぽいので、どうしてもって場合はRD4をセレクトした方が良いかもしれません。

rd3_4.png
リズムマシンのサンプル・プリセットはこちら。
結構いろいろな種類が入っています(画面下に更に幾つかあります)。
尚、Demo版は808のみ選択可能。

rd3_5.png
FX(エフェクト)は4機搭載しています。
各シンセ/リズムマシン内でどの番号のFXを使用するかを選択する方式なのですが、各マシンで同時に選択できるFXは1機(リズムマシンは音色毎にいずれか1機のFXを選択)のみ。
「ディストーション効かせてビキビキ言わせたBasslineにディレイかけられないの!?」との疑問、ご安心を。
FX2とFX4はそれぞれFX1とFX3の出力に直結する設定があるので2機までなら直列でエフェクトをかける事が出来ます。

rd3_6.png
FX2のパネル。
右上にある+FX1を有効にするとFX1の出力がFX2に入力されます。
またエフェクトはノブ・パラメータを直接触る事もできますが、右側のXYパッドで操作(Amount以外の2パラメータ)できます。

rd3_7.png
搭載エフェクトはDistortion、Reverb、Phaser、Filter、Delayの5種類です。

rd3_8.png
その他、レコーディング機能も付いており、リアルタイムで操作(パラメータやパターン等)したものが記録され、音声としてのエクスポートまたはSound Cloud(要アプリインストール)へのアップロードが出来るみたいです。


ベースライン・サウンドのエミュレートとしてはややデジタル臭い部分もありますが、なかなか良く出来ていると思います。
特に秀逸なのがやはりパラメータの操作に関して。

これだけで曲を作るというよりはTBのフレーズ生成器として使用し、エクスポートやサンプリング等で活用すると面白いかもしれません。



RD3製品版、デモ版と後継機種(上位機種?)RD4製品版、デモ版。
   

スポンサーサイト
2014/08/31 Sun. 00:04 | trackback: 0 | comment: 0edit