04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

リキッドメタル METAL1 

実は腕時計にはそれなりにコダワリがあります。
と言っても数十万円するオメガのスピードマスター・クロノグラフであるとか、そういう方向性ってワケでは無いのですが。
僕のコダワリは”時計としては見づらいけど身につけていてカッコいいと思えるモノ”である事。
そのお眼鏡に叶った腕時計、今までのは以前、記事にてバンドの変更をした事を書いたPimp Watch。

pimp_new_band_16.jpg
ボタンを押すと72個のLEDが光り、その数で現在の時刻を知らせるというモノ。
秒までは解らないです。
ただ前にも書いたかもしれませんが、人生を生きるにおいて秒単位で活動する事は稀であるし、その必要性がある場合はスマフォとかを見れば良いだけだと思っています。

まあ前置きが長くなりましたが、長いこと使っている腕時計、そろそろ新しいのも欲しいなあ・・・と思ったのが去年の夏頃。
同じく腕時計にコダワリを持つ知人と話をしている時に「とにかく解りづらい腕時計が欲しいっすね」って話をし、そんなワード(腕時計 わかりずらい スタイリッシュみたいなワード)で検索をかけている時に発見したのがシーホープのLiquid Metal Watch(液体金属時計)。

lmw_001.jpg
分針、時針がまるで液体金属のような独特な形。
「これだ!これしかねえ!!」とか思いつつも2万円と言うナカナカなお値段によってその時は「いつか欲しいっすねえ」的に終わりました。

それから約半年、今年の2月にふと思いだしネットを検索した所、材料高騰のため(検索した日から)数日後に定価が4000円上がりますと言う表記。
決して余裕があるワケではありませんでしたがこのタイミングで検索をし、そしてこの状況を見つけたのも何かのディスティニーだと思い価格変更ギリギリのタイミングでシルバーのメタルバンド仕様購入ボタンをポチりました。
ちなみに他にはガンメタル(黒色)のメタルバンド、シルバーとガンメタルそれぞれのレザーバンド仕様のもあり、メタルバンド版が2万円でレザーバンド版が1万8千円(それぞれ税別)となっていましたが、メタルバンドの腕時計を持っていないため、またシルバーモデルが心に刺さる感じがしたのでこのバージョンをチョイスしました。

実際の商品発送は3月上旬予定となっており、しばらく待ちました。
そして3月、いよいよ液体金属時計がやってきたのですが、これが新たなる冒険の始まりとなる事は、まだ誰も知りませんでした。


つづく
スポンサーサイト
2017/05/02 Tue. 19:00 | trackback: 0 | comment: 0edit