04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

リキッドメタル METAL4 

腕に点ける度に、腕からはずす度に感じる違和感。
メタルバンドだから?
いや、確かにメタルのバンドは思っていた程の質感ではなく”普通”な感じがする。
むしろレザーバンドの方がレザー裏面の刻印とかを含めオリジナリティを感じた。
価格が同じなのであればレザーバンド版でも良いかなと思わせる程には。
しかしメタルバンド版には裏面の刻印とかも特になく、いたって普通の金属のみである印象。

ん・・・?
裏面・・・?

突如、何かを思いだしかけ、腕時計をはずし裏面を見てみる。
そう電池交換用の裏蓋だ。

そこにはこう刻まれていた。
LMW
Liquid Metal Watch
lmw_006.jpg


・・・・・
これだあああぁぁぁぁ!!!


何を言っているのか全く意味が分からないかと思いますがこの裏蓋の表記こそが感じていた違和感の正体でした。


最初、レザーバンドで送られてきた液体金属時計の裏蓋部分の刻印はこうでした。

LMW
液体金属ウォッチ
lmw_007.jpg

そう「Liquid Metal Watch」と記された部分がMSゴシック体の様な普通のフォントで「液体金属ウォッチ」と書かれていたのです。
最初見たとき「うわっ、ダサ!でも良い感じ!!」と思っていたのでこのウォッチはこう言う仕様なのだなーっと思っていたのです。
これがオシャレな感じの「Liquid Metal Watch」に変更されていたので(これが最近の変更なのか輸出用の仕様なのかは不明ですが)ここに違和感を持った感じです。

とは言え所詮は裏蓋、腕時計なのだから腕に点けてしまえば見えません。
気にはなるけどそこまでコダワルほどのモノでもないか・・・
とりあえず交換品無事到着の報告も兼ねてメーカーに連絡をし、また裏蓋が最初のバージョン(漢字表記)だと素晴らしかったですね、可能ならば裏蓋だけでも購入したいですねえ・・・的な事も書き、メールを返信しました。

それから数日後、向こうからの返信にて「送料が実費でよろしければ裏蓋交換を無償でお受けします。」とのお言葉。
おお、これは渡りに船。
送料はアレだけどまあその位は良いかって事でそれでお願いしますと返信しました。

つづく
スポンサーサイト
2017/05/06 Sat. 18:37 | trackback: 0 | comment: 0edit