07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ハーモニカおじさん 

閑静な住宅街を細々と流れる川の近くにあるベンチで休憩していると、となりに初老の男性が座り、煙草を取り出した。
「あ、すいません。煙草吸ってもよろしいでしょうか。」
「あ、どうぞー。僕も吸ってるんで。」と、携帯用灰皿と煙草をサっと見せる。
等と煙草談話をしているとおもむろに古びたハーモニカを懐から出しながら話し始めた。
「いつもはねえ、ギターを弾いているんですが、その、弦が6本とも切れちゃってね。だから今日はハーモニカなんですよ。」
話によると、中古で購入したエレキギターを弾いていたんだけどアームの使いすぎでどんどんと弦が切れていき、今は全ての弦が切れてしまい仕方なくハーモニカを吹いているとのこと。
所有するギターは中古店で購入したもので、前の持ち主が女性だったのか紫色のボディに花柄模様が刻んであるらしい。
(どこまで真実かは不明だが)元々はトランペットやテナーサックス等をキャバレーとかで演奏しており、今は日がな一日、静かな川の畔でギター(その日はハーモニカだったが)を弾くのが日課だという。
何だか話はたくさんするんだけど一向にハーモニカを吹かないので「ん?話好きなだけ?」とか思ってたら、遂にハーモニカを吹き始めた。
スゲー昭和感溢れる切ない音を響き渡らせるハーモニカの音を聴きながら「あ、こりゃ本物だ。」と直感しました。
吹き終わると「クロマチックじゃないから、全音でしか吹けないんだけどね。」とちょいと恥ずかしそうに話す。

こういう時、こういう場所で手軽に音を出せる楽器に憧れつつも、電子楽器であればアコースティック楽器であれ、やっぱ音楽は良いなーってのを思いました。

ちなみにハーモニカおじさんはその川のご近所ではそこそこ"ウワサ"になっている人らしいです。
不審者ってワケでは無い方向っぽいですが。

ハーモニカおじさんのギターをいつか聴ければ良いなあ。
スポンサーサイト
2013/05/21 Tue. 22:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1069-234cbf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)