08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

SanDisk、Western Digitalが買収へ。 

半導体(メモリー)大手のサンディスクが記憶媒体(ハードディスク)大手のウェスタン・デジタルに2兆弱(190億ドル)で買収されることが決まったそうです。
少し前にサンディスク自体が身売り先を模索しており、ウェスタン・デジタルともう1社くらいで名乗りを上げていたって感じだったかと思いますが、最終的にウェスタン・デジタルに決定したみたいですね。

サンディスクと言えば一般的にはSDカードが有名だと思いますが、個人的には(Octatrackでも使用している)CFカードのイメージが強い会社です。
またデジタルカメラの界隈でも「CFカードはサンディスク製じゃないと安心できない!」と言う声も聞こえる事も・・・

そのサンディスクを買収したウェスタン・デジタル。
こちらもその界隈にて一昔前までは「HDDはウェスタン・デジタル製じゃないと安心できない!」と言う声もちらほらとありましたが、ここ最近のウェスタン・デジタルは”コストパフォーマンスは良いけれど安心しきれない”という場合もあったり・・・
「いやいやそこはMaxtorだろう。」「うんにゃ、Seagate以外はDAMEだ!」との論争は横においておいて

かくいう私もNAS用のHDDにウェスタン・デジタル製を選んだり(安かったから)、一番最初に単体で購入したHDDはウェスタン・デジタル製の640MBのもの(これも安かったから?さすがに記憶に無いですが当時はそれでも5万オーバーとかだったかも)だったりと、なかなかに馴染みの深いメーカーになります。

尚、サンディスクとメモリを共同生産し、提携をしている東芝ですが買収後もその関係は続くようなのでその点に関しては安心といった所でしょうか・・・
一つの心配事としては、買収による整理と淘汰によりCFカード自体の生産とかから手を引くんじゃないかって事も・・・
まあ杞憂に終わると思いますが、例えばOctatrack以前のマスター機材であるYAMAHA RS7000。
これの記憶媒体は切手大の大きさに夢が詰まっているスマートメディアと言う物でしたが、現在はもう殆ど見かけることもなく(あってもメッチャ高い)手持ちのスマートメディア・カードが壊れた時、RS7000は記憶が出来ないハードウェアとなってしまう事になります。
それの再現がOctatrackで起きなければ良いのですが・・・

とは言え、サンディスク以外にもCFカードは作られていますし(TranscendやLEXAR等)、CFカード自体が無くなるってことは当面の間は無いでしょうし(Octatrackはともかく、ミドルからハイレンジ・デジタルカメラのメイン媒体に採用されている関係上)、最悪その状況が起きたとしてもSD - CFアダプタみたいなのを噛ませば多分使えると思うので(これはいずれOctatrackでも試してみたい事項の1つ)、それ程の影響はないかと思いますが・・・
むしろ買収によりサンディスクのCFカード(含めメモリー全体の)低価格化に期待したいです!


とかサンディスク持ち上げまくっていますが、実はサンディスクのディスク、1枚しか持っていないんです。
cf01.jpg

後はTranscend、LEXARと使っていますが特に問題は無かったり・・・
しいて言うとOctatrack購入時に付属していたTranscendの4GB CFカードがディスク不良で壊れたくらいですが、同時に購入した32GB CFカードは壊れていませんし、LEXARの8GBも絶好調に動いています。

まあとにかく、CFカードが無くならなければ(そしてお安くなれば)みんなハッピーって事です。

サンディスクのCF/SDカード一覧(Amazon)
スポンサーサイト
2015/10/23 Fri. 11:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1769-647ca72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)