06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

電子レンジ、デストラクト 

それは急に起こりました。
朝、牛乳を温めるまでは何の問題もなかった電子レンジが牛乳温め後、異音を発したかと思うと通電はすれど全く何も温まらなくなってしまいました。
まあン年以上使っていたものなのでいよいよかーって事で新しいのに買い換えることに。
電子レンジは温めだけできれば良いのでトースト機能とか調理機能とかついていない、本当にシンプルなものを探したところAmazonでPanasonicの良い感じのものを発見。
実際の大きさとかを確かめたいので地元のチェーン家電店Nジマ電気に行きました。

実物があり、色々と見たところ問題無さそうなのでコレに決めた!ってなったんですが、せっかく電気屋に来たのでココで買っても良いかな-っと思いつつ値段を見てビックリ。
Amazonだと税込み13,500円位だったんですが、そこでは14,800円(税別)・・・つまり税込みで16,000円くらいになるという状況に。
流石に値段差ありすぎるぜ~っと思ったんですがその横に「他店より1円でも高い場合はご相談下さい!」と張り紙が。

でもまあAmazonと対抗出来ないのは重々承知。
「Amazonでは~」なんて言おうものなら「Amazonさんには勝てないのでそちらでご購入下さい」と言われてしまう可能性もあったし、それは失礼かなーって思ったのでNジマ電気のオンラインショップを確認。
するとAmazonには届かないものの税込みで14,100円の表記が。
これ、同じNジマ電気だし、これなら行けるんじゃね?と店員さんに交渉開始。
「すいません、これNジマ・オンラインだとこの価格なんですが・・・」とスマフォの画面を提示。
すると「ちょっとお待ち下さいね」・・とバックヤードに駆け込み数分・・・

んでもって店員さんが戻ってきたと思ったら開口一番「こちらの商品は今は在庫が無くて、オンラインの方でも在庫が無い状態で10日前後の納期になりますね。」
・・・ん?
いや、在庫を知りたいのではなく価格がオンラインと同じになるかをお聞きしたかったのですが・・・
「なので、在庫がない状態なのでお値段はこれ以上は下げられません。」とよくわからない回答に・・・
んじゃ、在庫があったら価格引けてたのかよ!?とも思いましたが、まあよくわからない答えに食いつくのもアレなので「あ、わかりました。検討しますね。」とその場を立ち去りました。

結果として帰り道に在庫もあり値段も格段に安く送料も無料なAmazonで発注をしたワケなんですが・・・
もちろん大量発注で値段も超安くて人件費も極力かからないAmazonと同じ価格にしろなんて事は言うのはおかしいと思いますしキッチン家電だからチェーンとはいえ地元の電気店で買った方が何かと良いと考え、また実物を見させてもらったのに注文は別でってのもアレだったんで交渉をしてみたんですが・・・
しかもAmazonと比較じゃなくて同じグループのオンライン価格との交渉を在庫無いので値段も引けませんと言う答え。
勘ぐってもしょうがないんですが、これが10万円クラスの調理レンジだったら色々な交渉で買わせようとするんでしょうが所詮は1万数千円程度、お店側の儲けも数百円~数千円くらいだろうから時間の無駄ってな感じの態度がにじみ出ているっつうか・・・

もちろん地元の電気屋さんは(電気屋にかぎらず本屋とか色々ですが)応援したい気持ちはありますが、正直な話この対応が常時であるならばわざわざ電気屋で買う必要も無いなーって思いました。
電子レンジだけではなくエアコンとかテレビとかいずれは壊れるものも出てくるでしょう。
ただ、今回の対応もありこの手のものはしばらくこのお店は利用したくないなーって思ったのも事実。
Amazonが全てを飲み込む・・・もちろんそれも一理ありますが、だからこそ店舗ならではの強みをわざわざ捨てるような、そんな接客は本当に勿体無いなーっと元販売の接客業をしていた身としては考えさせられるものがありました。

あ、そうそう。
このNジマ電気ですが、少し前に洗濯機が壊れて見に行った際に接客してくれた店員さんが非常に対応がよく、見るだけの予定が購入まで持って行ってしまった事例もありましたのでお店がダメってワケでは無いんですね。
事実、その洗濯機の一件があったので「Nジマに見に行くか!」て事になったワケで・・・
多分、洗濯機と同じ店員さんの接客だったら電子レンジ、多少高くても買っていたんでしょうね。



しかし電子レンジっていざ使えないとなると、結構不便ですね。
飲み物の温め、冷凍食品の調理等様々でお世話になっているなーってのを実感しています。
スポンサーサイト
2016/01/20 Wed. 21:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1858-2baa2566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)