10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ビーフとジャーキー 

前に記事でも書いたように何だか不穏な流れになっている気配のただようエブリデイロープライス・驚安堂。
まあ、多分大丈夫だとは思うんですが万が一の事があった時の為、以前から気になっていた食品を試してみました。

それがコレ。
beefj_kyd_1.jpg
みんな大好きビーフジャーキー。
ビーフジャーキーと言えばテングブランドが有名ですがあちらは100gで1000円弱。
ちと高い、いやだいぶ高い。
その点、こちらのジャーキーは100gで600円程度。

beefj_kyd_2.jpg
尚、ドン・キホーテ系のブランドジャーキー(情熱価格のロゴ付き)なのかは不明ですが、ドン・キホーテでも売っているらしいです。
味はプレーンとテリヤキ、そしてこのホット&スパイシーと本家テングと似た感じのラインナップ。
グラム数も同等です。
果たして味は・・・

beefj_kyd_3.jpg
これが実物。
テングの物に比べて1塊は小さい様な印象を受けました。
また、硬さに関しても若干ウェット気味な、ソフトジャーキーな感じです。
テングのものがかなりドライな印象を受けるので、それの食感を求めている場合は柔らかく感じるかも。
ただ、ソフトジャーキーが好きな方はグラムあたりのコストもテングのものより安いので良いかもしれないですね。
個人的にはテングの方が好みって感じですが」・・・
まあテングのにしろコチラにしろ安いものではないので(いやまあ安いけど。高い。)”いずれかを買う”ってなったら、やっぱテングのじゃーキーになるかなあ。



スポンサーサイト
2016/01/24 Sun. 23:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1862-f387fea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)