07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コリアンダー、こりゃなんだ!? 

お昼何にする?と言う時、何も無いノープランだった場合は選定に色んな方法があります。
例えば1桁数字を言い合ってそれらを足した数字のお店を通り、最後の食事処に強制的に入るとか。
※足した数が10であれば10件目に通り過ぎたお店に入る。それがどんなヤバげなお店でも
他には減産方式で店を絞る方法。
和食、フランス、中華、イタリア、トルコ等の大枠から「今、コレ違うんじゃね?」てのを削っていき「米と違うんじゃね?」、「パンはいらねんじゃね?」「魚、昨日食ったっぽくね?」等とどんどんお店の範囲を狭めて最終的に適合するお店を選択する。

そんな感じで今日選択されたお店がこちらのまぜそば屋「こりゃなんだー」。
corianander_1.jpg
もともとは小作一番というとんこつラーメンのお店があった場所の跡地に昨年にできたらしいまぜそば屋。
まぜそばの他につけ麺もあるみたいですが基本ベースが香辛料タップリのアジアンテイスト溢れる味付けなので、苦手な方はご注意。
通常のまぜそばも比較的辛いうえ、オススメがパクチーまぜそば(値段は同じ)だったり、グリーンカレーつけ麺があったりする・・・
まあ、そんな感じのお店です。

という訳で、もちろん推薦されているパクチーまぜそばに突撃。
一緒に行った盟友naoten君達はパクチーが苦手との事なので通常のまぜそばにアタックしていました。

そんなこんなで注文から10分程度、パクチーまぜそばのご到着!

corianander_2.jpg
・パクチーまぜそば740円(オープン記念価格?)
・大盛り +150円
となっていますが、パクチー大好きな人には+110円でツイパク(追加パクチー)ができるみたいです。
量が分からなかったので今回は追加しませんでしたが、この量なら追加しても全然OKパクチー。
内容はまぜそばの他、アッサリとした卵のスープ、タクワン、黒烏龍ジャスミン茶、そして麺を食べ終えた後に混ぜられる追い飯がセットになった定食スタイル。

尚、麺の量ですがまぜそばの場合、標準が200g、大盛りが300g、特盛りが400gとのことですが、200gを食べられない人は店員さんに言うと小盛りにもしてもらえるそうです。


corianander_3.jpg
まぜそばの内容は麺、香辛料タップリのスープ、そぼろ肉、卵黄、そしてパクチー。
運ばれてきた際によく混ぜて食べて下さいと言われるのですがパクチー入りは特に混ぜにくいので箸とレンゲを使ってよ~~~っく混ぜて下さいね!とパクチーまぜそばを発注した人全員に説明していました。

んでもって混ぜる、混ぜる、混ぜーる、混ぜ混ぜ、ごちゃまぜ片思い。


混ぜること1分弱、ようやくパクチーまぜそばの全貌が完成!
corianander_4.jpg
こんな感じ。
どのくらい混ぜればよいかは店内の写真にて説明されている他、店員さんが常に近くに立ってじーっと視線を送っているので聞いても良いんじゃないかと。
ちなみにあまりにも視線が熱かったので写真を撮る時「す・・・すんません、写真撮っていいっすか?」と聞いてしまったほど・・・
もちろん答えは「どうぞどーぞ撮って下さい!SNSでバンバン宣伝してくださいねっパクチー!」
「OKパクチーの決斗。」

肝心の味ですが麺に絡む濃い味で食べごたえもありそして異国情緒溢れる、アジアンテイスト漂うスパイシーで非常に美味しいです。
そしてパンチング・パクチー最高です。
店内は非常に寒く、お客さんが入るたびに足元が冷え~ってなりますが、食べているうちに汗が出てくるのでもしかしたら敢えて暖房をあまり効かせてないのかもしれません。
暖房が入ってたら多分、途中で暑くなりすぎるのかも・・・

corianander_6.jpg
ただでさえ香辛料溢れる感じですがテーブルの上には各種味アン調味料が設置。
にんにく、とうがらし、昆布酢、ラー油、6種のスパイス(担々麺用とあったので多分山椒かと)、そしてナンプラーがありました。

corianander_5.jpg
麺を食べ終える頃に残った具材とタレ。
ここに付属の追い飯を投入します。

そして混ぜます、混ぜれば混ぜたなら。

ダンスが某パヒームに似ているのは振付師が同じだかららしい。

そんなこんなでパクチーまぜそば、追い飯まで含めて完食です。
次回の機会があれば是非、追パクしたいと思いますねえ。
尚、カウンターの上にもぱくぱくパクチーとかパクチー関連の本がおいてあったり、パクチー入りと通常とのまぜそば、オープン記念だからなのか、現在のところ値段も同じなので、かなりパクチーを推しているお店と判断。
そういやお店の名前、こりゃなんだーもコリアンダーとかけているんじゃないかと思いましたが、聞けずでした。
※パクチーの洋名。主に乾燥したものをそう呼ぶことが多いらしい。パクチーは生食の場合に呼ばれることが多いタイ語とのこと

「おみせの”こりゃなんだー”ってコリアンダーとかけているんですか?」
「いや全然関係ないです。」
ってなったら恥ずかしいじゃん。


スポンサーサイト
2016/01/25 Mon. 18:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1863-cef07108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)