09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

アマゾン・コーション 

Amazonからオススメ映画DVDの案内が来ていたので「お、この作品、安くなってんのか?」って感じでチラっと見に行った所、今までは無かったような気がするマークが価格の横に出現していました。
いや、もしかしたら既にずっとあったのかもしれませんが、気づかなかっただけなのかも・・・

それがコレ。
amazon_caution_1.jpg
解りづらいですが解りやすように周りの部分の明度を低くしています。
このビックリマーク。
マウスカーソルを合わせると・・・

amazon_caution_2.jpg
こういうこと。
参考価格は4千円弱だけどこれは6500円の値段がついていますので、何らかの理由で高くなっていますね気をつけてね。


って感じ、明らかに転売ヤーを狙い撃ちしてきている感が漂っています。


ただ、全ての商品で参考価格を大幅に上回っているものにマークが付いているかというとそうでもなく・・・

amazon_caution_3.jpg
例えば、在庫品薄で価格が釣り上げられているコミックス版獣の奏者の9巻は値段超釣り上げ(通常は600円程度が3500円)られていても、ビックリマークによる注意喚起はされていません。
これがどういった条件で注意が促されるかは謎なんですが、いずれにせよ適正じゃない価格に対しての注意をするってのは消費者視点から見ると非常にありがたいサービスですね。

しかし、マークが付く条件は一体何なんだろうか・・・
スポンサーサイト
2016/04/30 Sat. 01:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1959-4dc93f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)