10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

電話帳イズデッド 

AndroidのOSを初期化して約10日。
以前頻繁に起きていたいきなりシャットダウンや強制無限再起動は今のところ確認されておりません。
どうやら(多分ですが)本体の故障ではなく、ただ純粋にアプリケーション同士の兼ね合い、メモリの不足、OSの不良化が原因だった可能性が高いです。

そんなこんなで胸をほっとなでおろしていたのもつかの間、OSを初期化してから後、知人からの電話連絡時に名前が出ず、なんだコリャ状態に。
よくよく調べてみたらGoogleのアカウントで同期していた連絡先(電話帳を含む)はAndroidに変更してからのもので、それ以前の電話帳はDocomo側の電話帳に記録されていたみたいです。
「ははーん、そういう事もあるかと思ってドコモのバックアップとっとるんでーーい!」と鼻息荒くアーハァーンな感じだったんですが、いざドコモバックアップを呼び出し電話帳を復旧させようとするもお世辞にもユーザビリティの良いとは言えない、また説明も勘違いさせるバックアップ画面にて新規の、つまり空の電話帳をバックアップしていた電話帳に上書きした感じになり、とどのつまりは電話帳の復元をしても電話帳が復旧しない事態に陥りました。
ファッキンドコモバックアップ。
うっかり防止用の別ボックスを作るくらいなら、アップロードと同時にうっかり防止ボックスにバックアップされる様な仕組みを作っておいてくれよ。
ファッキンドコモバックアップ。

という訳で、以前のAndroid機種、Xperia X10(SO-01B)を引っ張りだし、電話帳をUSB経由でパソコンの管理ソフトに保存。
android_address_repair_1.jpg
ハードウェアのホーム、戻る等のキーが懐かしい。

android_address_repair_2.jpg
PCに保存した後は新しいXperia SO-04Dに再度転送をし、今度はGoogleのアカウントへも登録して無事に復旧完了。

大体、電話帳(片方は”連絡先”だが)が2種類共存しているのがそもそもの問題点。
最初に選んだ電話帳をデフォにしつつ同時に書き込むか定期的に自動コピーされるとか、そういう簡単な仕組みが標準的に欲しいですね。

今回は以前のスマフォがあったから良かったものの、これが無かったらフィーチャーフォンから引っ張ってくるとか、そういう前時代的な話になっていたかと思うと、ビビりました。
今日の格言:電話帳のバックアップ、大事。
ファッキンドコモバックアップくらいわかるよバカヤロウ。
スポンサーサイト
2016/05/01 Sun. 00:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1960-0cd0ec4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)