10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ジンジャー・ジンジャー 

少し前までどこでも見かけていたWILKINSONのペットボトル・ジンジャーエール。
最近、どこにいっても見かけないんです。
瓶タイプの物は高級スーパーとか輸入食品を取り扱うスーパーとかでは見かけるんですが、その辺りにある普通のスーパーでは見かけない・・・
かと言ってカナダドライは(個人的な意見となりますが)甘すぎてジンジャーエールとしてはどうにも馴染めない。

ああ、ジンジャーエールが飲みたい。
ああ、ジンジャーエールが呑みたい。
ジンジャーがエールしたい。

gingerale_ginger _1
とか念じていたらこんなジンジャーエールを見かけました。

gingerale_ginger _2
原材料を見て驚愕。
WILKINSONのジンジャーエールですら入っていない”生姜”の文字が・・・
しかも蜂蜜まで。
ちなみに誤解の無いように書いておきますがWILKINSONのジンジャーエールは”生姜”は入っていませんが生姜由来の香料が入っており、これがあのジンジャーエールらしさを醸し出しているとの事。

んでもって生姜と蜂蜜をミックスした新しい炭酸飲料とか書いてあったらチャレンジするしかないでしょう~!って事でセレクト。

gingerale_ginger _3
容器は瓶で王冠はキャップ方式となっています。
キャップの謎ロゴが生姜を表しているんでしょうか・・・

gingerale_ginger _4
んでもってコップへダイレクトイン。
シュワワワ~って感じです。

gingerale_ginger _5
カナダドライに近しい薄めの飴色。
さて肝心の味は・・・
つうワケで飲みましたが、思っていたほど生姜感は無くまた炭酸の強度も普通でした。
カナダドライよりは甘くなく、かと言ってほんのりって程でも無い。
WILKINSONのジンジャーエールほど炭酸も強くなく、また辛味も少ないです。
あと蜂蜜の風味はあまり感じられませんでした。

カナダドライでは甘すぎて嫌だけどWILKINSONのジンジャーエール(辛口)だと炭酸も辛味も強くて苦手、だけどジンジャーエールが飲みたい。
ジス・イズ・サイコーにチョードイイ・ジンジャーが飲みたいって人には良いかもしれませんね。
ただ、これは量が180mlと意外と少ないです。
まあWILKINSONのジンジャーエールの瓶タイプも190mlなので同じくらいなのですが・・・

  
こう見るとやっぱコスパが良いのはペットボトルのWILKINSONですなあ。
やっぱどれを買うかってなるとペットボトルをチョイスしてしまいそう・・・

スポンサーサイト
2016/06/09 Thu. 22:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/1999-84a2db47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)