06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

4Kテレビの落とし穴? 

今、各社(?)こぞって売りにしている4Kテレビ。
解像度はより細かくなり、風景は鮮明に、臨場感あふれるリアリティな映像など謳い文句は多数あり、アナログからデジタルへの移行が完了したテレビ業界にとっての次なる買い替え需要として期待され、また店舗などでも「鮮明なんですよ~、キレイなんですよ~、臨場感が全然違うんですよ~」などのセールストークが飛び交っていましたね。
「でもそれって、対応している番組じゃないと意味なくね?」みたいな返答があれば「大丈夫。将来的にテレビの番組は4Kに移行すると言われています。なので今のうちからテレビを4Kにしておけば、番組が4Kに移行した時にいち早く4K画質が楽しめますよ!」みたいな事言われて喜び勇んで買っていた人たちにある意味において絶望的な告知がされているみたいですね。

それは将来的にBSで開始予定の4K放送は現行の4Kテレビには非対応と言う現実らしいです。
どうもBSで開始予定の4K放送は現行の4K放送とは方式が違うらしく、現在の4Kテレビだと映らないとの事。
テレビがアナログからデジタルに変わった際にそのまま使い続ける場合は専用の受信機が別途必要だったのと同じように4Kテレビなのに4K放送(BS版)を見るために別途4Kの受信機が必要になるという一休さんもビックリなとんちのようなお話。

大体4Kの本領を発揮できるような番組・・・例えば旅とか自然、映像の臨場感を味わえるオーケストラとかの番組の主流はBSってイメージが有るんですがその主流の場では現行の(将来を見据えて買ったはずの)テレビが使えないってのが何とも・・・
なぜ方式が違うのかは解りませんが、普通に考えれば現在普及をさせている4Kの方式で放送する方が移行がスムーズに出来るはずなのにそれをせずに全く違う方式で放送を開始するって所に何かの思惑と力関係を感じてしまいます。

いずれにせよ現行の4Kテレビでは(もしかしたら機種によってはそれらの放送が受信機無しでも対応できるのかもしれませんが)BSで始まる4K放送に非対応の可能性があるので、新しく4Kテレビを購入する方は「BSで放送開始予定の新しい4K放送には対応しているかどうか」を確認したほうが良いみたいですね。

デジタルのレコーダーが出た時に視聴者の利便性を完全に無視してダビング回数(例えダビングに失敗しても1カウントされてしまう)を制限したり、メーカーが行おうとしたCMカット録画機能を放送業界が圧力かけて停止させてみたりとかあったみたいですが、B-Casみたいな天下りの受け口のためにゴミカード刺さないとテレビが映らないとかそう言うのは以ての外だと思いますので、今度は是非とも視聴者側の視点に立った運営をシてもらいたいですね。

しかし4Kの後には8Kとかも控えてるみたいなので、BS4K対応テレビが一段落した頃に8Kテレビの買い替え需要狙いとか来るんだろうなあ・・・
面倒くせえな。


Link > 総務省 - 現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ
スポンサーサイト
2016/07/01 Fri. 01:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2021-29d120b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)