08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

今、そこにある危機 

今日の未明(午前2時過ぎ)、地元にある橋でアルバイトから帰宅中の女性が突然背後から殴られ、肋骨を折るなどの重症を負うという傷害事件が発生しました。
犯人は男で突然殴ってきたものの金品などは奪わず逃走したとのこと。
被害者の女性は犯人と面識はなく、金品も奪われていない事から同機も不明で非常に気味悪い事件となっています。

んでもって現場となった橋、ちょっとした川にかかるものではなく市と市をつなぐ大橋。
めちゃくちゃ長いうえ、橋の外に出るための道は橋の両端以外には1箇所しか無い作り。

hamura_bigbridge1.jpg
こちらが現場となった橋。
写真手前側は長い上り坂になっており、写真奥側に橋の下に降りる階段(両端以外の出口)があります。

hamura_bigbridge2.jpg
現場となったのは坂側のちょっと広くなっている通路。
被害者の方が坂方面から降りてきたのか奥から坂方面に向かっていたのかは不明ですがこの位置で襲われるとすると犯人をかわして長い坂を登っていくか反対側に凄い進んで階段or道路に逃げ出すかしかありません。

hamura_bigbridge3.jpg
橋の通路には道路に出られないように比較的高めのついたてもあり、道路に逃げ出す事も容易ではない状況。
またかわして坂側に逃げ出せたとしても山間の土地柄、民家もまばらで比較的暗い道。
唯一、坂の途中に新興住宅街に抜けられる道があるけどもそれでも家は多いとはいえない。
心理学者でも犯罪学者でもないので何ともいえませんが、襲う場所とかを考えても周囲の状況を少しは知っている人間の仕業っぽいなと思いました。

hamura_bigbridge4.jpg
通路にはチョークの跡がありました。
多分、ここで襲われて矢印方向に逃げた、もしくは矢印方向に歩いていた所を襲われた等のマークかと。

hamura_bigbridge5.jpg
そこから少し歩いたところに人型っぽいマーク。

地元でこんな事件が起きているのもそうですが、この卑怯卑劣極まりない犯人は今なおのうのうと逃げおおせているので早く捕まって欲しいですね。
被害者の方は肋骨を折る重傷だと言うことですが、いち早い回復を願っています。
スポンサーサイト
2016/09/12 Mon. 23:32 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2094-a37924d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)