06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

またJASRACが燃料投下 

音楽著作権を管理する会社JASRACが今度は音楽教室からも使用料を徴収するってんで話題になってるみたいですね。
もちろん悪い方向で。
まあ、要は「音楽を習いに来ている生徒たちも不特定多数の聴衆とみなす(正確には授業が公衆に聴かせるための演奏とみなされる)」ことにしたので著作権使用料が発生するものでレッスンする場合は使用料払いなさいよ。
年間38000円程度だから安いモンでしょ?て事。
裏側にはCDとかの売上減でJASRACに入るお金が少なくなった等と言われていますが、、、
確かに著作物を利用してレッスンし、レッスン料金を取っているならば正しいっちゃ正しいですが、そこからも取りに行くかってのが正直な感想。
もちろん音楽教室を運営するヤマハとかカワイとかは反発しているみたいです。
長い目で見れば音楽教室に通ってた生徒の何%かが音楽に興味を持ち、その更に何%かが将来著作物を作り出す側に回るかも知れない。
勿論、音楽教室に通わないと著作物を作れない訳では無いけど、そういった諸々を含め、JASRACは自分の首を絞めてい様に見えます。
まあ、将来の音楽性よりも今の利益が大事って見えないことも無いですが、、、

現状、ほぼJASRACだけが著作権を管理する独占状態(厳密には違いますが殆ど独占状態で新規参入が不可能に近い状況かと)であるからこそ出来る強行策って感じでしょうか。

対抗策としては著作権使用料がかからないものでレッスンをするとかでしょうが、クラシックならともかくギターとかキーボードとかの近代音楽を教えている場合は難しいのかもしれません、、、

ちなみに今回の方針としては大規模の教室をターゲットとし、個人教室等は状況によっては除外とするみたいですが、結局JASRACの考え一つで(過去、長年個人で経営してきたジャズ喫茶が閉店に追い込まれた様に)方針転換とかもあり得るので信用ならない感じです。

著作権は非常に大事で著作者が持つ最大の権利であると思いますが、音楽の将来性てのを考えると今回の騒動は個人的にヤマハやカワイ音楽教室を応援したいと思いますね。

スポンサーサイト
2017/02/02 Thu. 18:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2238-be943888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)