06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Digitakt、詳細発表 

Elektronの最新作、デジタルドラム&サンプラーのDigitaktの詳細が発表されましたね。

digitakt_drums.jpg
今までのアナログ系シリーズから一転、デジタルのドラム、そしてサンプラーと言う事でMachineDrumの後継機か、はたまたOctatrackの延長か、詳細が待たれていましたが以下がWebで紹介されているスペック。

-----
Digitaktの特長
8つの内蔵オーディオトラック
8つの専用MIDIトラック
オーディオ トラックごとに1つのマルチモードフィルター
トラックごとに1つ割り当て可能なLFO
ディレイ/リバーブセンドFX
サンプリング機能
サンプルメモリ64 MB
+Driveストレージ1 GB
1/4インチ入力×2、1/4インチバランスド出力×2
高速USB 2.0ポート×1
MIDI IN/OUT/THRUポート
Overbridge対応
-----
こう見るとOctatrackの延長または代わりというわけでもなく、あくまでドラムに特化したマシンであるみたいですね。
どちらかと言うとMaineDrumのUW部分を進化させたみたいな感じでしょうか。
ハードウェアもそれなりの大きさがあるみたいなので簡易的なプロダクトってワケではないみたいです。
AnalogRYTMやAnalogFourがフラッグシップだとするとDigitaktはミドルレンジのプロダクトって位置づけかもしれないですね。
価格も(プリオーダーで)679ドル、日本円では84,900円(税込)となっているので1000ドル、10万を超える他のものとの住み分けはされているみたいです。


サウンドとかディスプレイの反応とか良い感じですね。
既に別のドラムマシンを持っている場合、あるいはサンプラーを持っている場合でも(デジタルという強みを持っていると思うので)用途によっては強力な機材になりそうですね。

発売予定は今春との事です。
Elektronジャパン・Digitakt紹介ページ
スポンサーサイト
2017/03/16 Thu. 21:17 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2279-33fb852c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)