07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ヤマハ、JASRACを提訴 

CDが売れない時代だからっつって甘い利権汁が水尽くせなくなってきたJASRACが音楽教室からも著作権料をふんだくるっつう暴挙に出ようとしている事は記憶に新しいですが、それに対して音楽教室も展開するヤマハがJASRACを提訴するとの事です。
これによれば「教室での演奏は著作権使用にあたらない」と言う事を明確にする為の訴訟なんだとか。
ヤマハ(教室側)としてはあくまでも練習を行うための演奏であり、多数の人に聴かせるための演奏ではないため、著作権使用にはあたらないってのが当初からの言い分みたいですね。
授業で使用する譜面等はすでに著作権料金が含まれてたりするので、2重の徴収ではないかって意見もあるっぽい。
これは同じくJASRACがパソコン等のCDライティング機器本体からも著作権料を徴収しようと与太話をぶち上げた時に音楽用CD-Rにも既に著作権料が乗った状態で販売されているので2重徴収であるって話と同種の様な気がします。

ヤマハも1社だけではなく、同じく音楽教室をやっている河合楽器を含め、今回の横暴な強制徴収を止めさせるため様々なところに訴訟の原告団に加わるように働きかけているみたいです。

もちろん著作権はモノを作る人にとって非常に大事な権利であるので、これらが自由気ままに勝手に使われる事に対しては反対ではありますが、ここ最近のJASRACのやり方を見る限り、彼らは”モノを作った人”を守りたいんじゃなくて”自分たちの利権を守りたい”意識が非常に高いように見えてしまいますよね。
そりゃ音楽教室だって無料で教えているわけではなく、授業料・・・つまり儲けを出す為に運営をしているワケではありますが、長い目で見てそこで音楽を習った人がいずれ音楽を作る側にまわり、著作権を持つ作品を生み出す可能性もあるわなので、この部分での締め付けはしない方が良いとは思うんですけどね。

今回の一連の騒動、世の中の大多数の意見はヤマハを応援しているみたいですが、私個人としても(規模は非常に小さいですが音楽を作っている一個人としても)今回の訴訟、ヤマハに賛同したいと思います。
スポンサーサイト
2017/05/16 Tue. 23:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2340-3b913d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)