09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

さよならRB-338 

ボクが生まれて始めて購入したソフトウェアシンセサイザーはPropellerheads社のRebirth RB-338と言うTB-303x2、TR-808x1をコンピュータ上に再現したグルーブギア・ソフトウェアの走り。
その後、TR-909を模したリズムパートを追加したVer.2もリリースされました。
実は909系のキックサウンドを初めて手にしたのもこのソフトウェア。
その血脈はReasonシリーズへと引き継がれ、Rebirthはディスコンした後にイメージファイルの無償提供により誰でも入手できるように。
rb338_2017_end_3.jpg
そこから数年。
iPad用やiPhone用のアプリとして再販されて好評を博していましたが・・・
どうもこれのオリジネーターであるRolandから知的財産権の侵害を指摘され、まさに本日6月15日をもってApp Storeでの販売を終了するみたいです。
オリジナルに多大なるリスペクトをもって開発された本ソフトウェア、正直に言うと停止措置は今更感が漂う気もしますが、まあRplandoとしてもオリジナルTB-303の復刻(進化)であるTB-03等をリリースしている手前、グラフィックのルックスをインスパイアしているRB-338に対しては物申してしまったんでしょうね。

rb338_2017_end_1.jpg
過去、D16GroupのTB-303クローン・ソフトウェアであるPhoscyonもその危ういルックスであった初期バージョンから・・・

rb338_2017_end_2.jpg
基本機能は変わらずとも完全オリジナルなパネルに変更されている経緯もあったりしますね。

2016_hardware_2.jpg
また最近ではCyclone Analogicのクローン機TT-303も直球すぎるこのルックスにさすがにヤバイと感じたのか・・・

20170615215001791.jpg
大本が何なのかわからなくなるような大変身を遂げました。
ちなみに同時期に発売されたTR-606のクローン機TT-606もこのデザインと同様になっており、色んな大人の事情を回避していることを伺えます。

まあオリジナル元がダメって言っちゃったらもうしょうがないんですが、もしかするとRolandもKorgみたいにアプリ事業に乗り出し、力を入れていく布石なのかもしれませんね。
まあハードウェアと違ってアプリは分母が巨大になるので時代の流れと言ってしまえばそうですがちょっと残念な感じはしますね。
スポンサーサイト
2017/06/15 Thu. 21:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2370-0038e37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)