08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ハンバーグ攻防 

洋食のバイキングがあるので突撃しよう!ってお誘いを受けたので早速レッツラゴーしてきました。
訪れたのは川越にあるハンバーグ工房

hamburg_kobo_1.jpg
がってん寿司の系列らしいんですが店舗としてここしか無いらしいハンバーグ中心の洋食レストラン。
いわゆるステーキガストとかと同じでメインメニューに対してご飯やらサラダやらデザートやら飲み物やらのスペシャルバイキングがくっついてくるスタイル。

バイキングのみの場合に1500円かかりますが最安値のレギュラーハンバーグを頼むと1590円(税別)。
つまり90円でハンバーグがくっついてくる計算。
友人曰く「ハンバーグはおまけだから」って事らしい。

チキンだとか骨付きソーセージのセットだとかが気になりましたがハンバーグ工房って名前だったのでレギュラーに決定。
ハンバーグ自体の大きさもバイキングのことを考え、最小の180グラムをチョイス。
注文後、早速レッツ・バイキングへ。

hamburg_kobo_2.jpg
まずはサラダコーナーをひとっ飛び。
最強サラダバーの証、ヤングコーンが置いてある時点でこの店SAIKO得点叩き出しました。
かけるのもコーンドレッシングをセレクト。

hamburg_kobo_3.jpg
ハンバーグが来るまで色々とつまみました。
メキシカンタコライス(ちょい乾き気味)や緑色の謎のパン、そしてスープはコーンポタージュ。
これも最高に良いセレクトですね。

その他、欧風カレーやタイ風レッドカレー等のカレーコーナーがあり、ライスは白米とバターが用意されていました。
麺ととんこつスープ、または冷やし中華スープなんてのもあったり。

hamburg_kobo_4.jpg
体に悪そうな色の飲み物は美味しいが持論ですので飲み物はもちろんメロンソーダ。
まあファンタでしたが、なかなかの緑色。

hamburg_kobo_5.jpg
んでもってしばらくしてからハンバーグ登場。
肉厚のハンバーグで割ると中は若干のミディアムレアな感じ。
ただプレート鉄板は最初こそジュージュー言ってたけど早々に冷めてしまい、さほど熱々感は感じませんでした。
付け合せはコーンとポテトとオニオン。
焼き色とかは非常に美味しそうな感じですが、味は思いのほか普通。
これを平らげつつレッドカレーやらライスペーパー(水で戻す)で生春巻き作ったり、デザート食べたり、あとチョコレートフォンデュを食べたり、色々と食べました。

hamburg_kobo_6.jpg
最後はコーヒーを飲みつつソフトクリーム(これはメロンソーダにも入れてメロンクリームソーダを作ってみたり)を堪能。
尚、時間制限はありませんでしたがラストオーダーになるとバイキング部分は全て片付けてしまうという時間になると有無を言わさず電源を落とすゲーセンの閉店処理みないになるとの事です。

全体的な印象としては食べ放題バイキングの料理としてはクオリティが高めなのでコレ目当て(&ハンバーグ)で行っても良さそう。
ただラストオーダーが21時30分(閉店は22時)なので入店時間によっては長時間の戦いができないのでご注意を。
あとお店の雰囲気がおしゃれな感じで良かったです。
店内の内装とか音楽とか、あと客層もバイキングっぽく無い感じでガヤガヤとはしていないのもポイント高し、静かにゆったりと食べられるお店でしたね。
スポンサーサイト
2017/06/23 Fri. 21:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2378-194e6a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)