06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

デンジャラス・メシ:リベンジ 

以前、突撃したもののその量の多さにあえなく撃沈(途中でギブアップ)してしまった八王子の極盛り蕎麦屋「長岡屋」。
再チャレンジしてきました。

20170629080101520.jpg
閉店の少し前でしたが店内はそこそこ混んでいました。
※写真は食事後、のれんをしまった後のもの

前回は通常の丼モノにお蕎麦をセットメニューとして追加(可能なものと不可能なものがある模様)しましたが大盛りにしたのもありすさまじい量に。
今回はその轍を踏まないように通常のセットメニューにする事に。
んでもってセットメニューの説明に執拗なくらい”ミニ”丼と麺類のセットと。
「ミニ丼じゃ小せえんじゃねえの?アーハァーン?」とか思い、セットの丼を大盛りにしようか悩んでいたところ天の声が聞こえました。
「ここのミニはミニじゃ無い。」
天の声である。
ちょうどその時、カツ丼の通常の大きさを頼んでいた人のもとへ超デカ盛りのカツ丼が運ばれてきたのが見えた・・・
そうである。
天の声BANK2である。

てなワケでセットメニューの中からカルビ丼、セット麺類はラーメンにしてみました。

待っている間、周りのお客さんの食べものを観察したり、テーブルにおいてあるゴマを試食してみたり・・・
ちなみに前に来たとき、ゴマを手にとって食べている人がいたんですがこれはお腹が空きすぎていたワケではなく、味付きのゴマだったので味を確かめていたんだと思います。
そんなこんなでいよいよカルビ丼セットがきました。

20170629080108929.jpg
ね、予測通りでしょ。
全然”ミニ”じゃない丼、そしてセットのオマケのはずの巨大なラーメン。
そしてドレッシング・マシーンと化した店のおっちゃんが達人級の腕前でゴマドレッシングをかけているサラダが付いてきます。

20170629080111108.jpg
こちらカルビ丼。
でかいカルビ肉、そしてきんぴらゴボウと紅生姜がどっさり。

20170629080113400.jpg
んでもてこれがラーメン。
破壊力抜群の極厚チャーシューにあっさりとした色合い、だけどこってりしているダシ系スープとか貝割れ大根とか、ラーメン屋のではないラーメンです。

20170629080115415.jpg
麺は通常の麺とちょっと違い、スープと相まっていわゆるソーキそば的な味わいに近かったです。
モチモチしてて非常に美味しい。
試していませんが、カルビ丼に入っている紅しょうがをぶち込んだらかなりソーキそば感出たかも知れません。

カルビ丼はちょっとタレ感が少ないですが丼にギッシリと乗った具、そして飯をを食べ進んでいく攻略スタイル。
とか言ってるうちに食べ進んでいると突然の満腹感。
かなりお腹が空いてたし通常のセットメニューだったのでペロリと行けるかと思ったんですがラーメンが思いほか油ギッシュでもたれる。

極厚チャーシューに取りかかったところで手が止まり、チャーシューをカルビ丼の中へ放り込む。
これ食いきれるのかしら・・・
と心配しましたが小休憩の後に何とか食べ進み、無事に完食。
ただラーメンのスープだけは手を着けられずでしたが・・・

20170629080106370.jpg
こちら友人の頼んだ大盛りの天丼。
もはや巨大な金魚鉢って感じです。
基本的に美味しいんですが揚げたての天ぷらが時間経過とともにご飯に油を移送するらしく、後半はキツかったとの事でした。


20170629080104032.jpg
もう一人の友人が頼んだ生姜焼き定食。
実はこちらメニューには無い隠しメニューとの事。
ベースは焼肉定食だがニンニクが入るとダメな局面の為に生姜焼きに変更することができるらしいです。
ちなみにご飯は大盛りにしてあります。
こんなご飯、まんが日本昔ばなしでしか見たことねえよ!


そんな感じでの長岡屋リベンジ。
今回は無事に完食しましたが、次回は(他のお客さんが食べていて非常に旨そうだった)もりそばを大盛りにして食べてみたいですねえ。
セットのうどんやそばは丼に入ってくるスタイルなのでつけ汁で食べるもりそばを食べてみたい。

しかしこれだけ食べて(カルビ丼セット)900円ですので、これ異常な良コスパだよなあ。
スポンサーサイト
2017/07/01 Sat. 01:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2387-1e6af0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)