05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

さし絵ステューディオ 

動画編集ソフトVEGASシリーズ等を超激安でセールしたりするソースネクスト。
そのソースネクストに1日1回行えるくじ引きみたいなのがあります。

sourcenext_kuji1.png
まあこれで当たるのがマイルポイントであるとか、ソースネクストが扱うソフトウェアが特別価格で(当日24時まで限定で)出てたりとかです。
んでもって時折、すんげー激安とかになるソフトとかがあったりして(これは多分、少し昔のソフトであるとか新バージョンに切り替わるであるとかだと思われますが)「おっ!?」となったりします。

そんなある日、9400円が驚きの価格500円(94%オフ)になるってのが当たりました。
sourcenext_kuji2.png
それがコチラ、さし絵スタジオ2。
マウスのみの簡単操作で様々な挿し絵を作ったりすることが出来るらしいソフトです。
ちなみにアマゾンとかで見ると「既に取扱っていません」とかなってるのはちょっと内緒。

sashie2_01.jpg
と言うわけで早速インストールして起動。
基本的には左側にある素材テンプレートから真ん中のフィールドにドラッグドロップをするだけ。

sashie2_02.jpg
そうするとこんな風に挿し絵の素材が出てきます。
んでもってここからが本番。

sashie2_03.jpg
人物をダブルクリックするとボーン・バーが出てきます。
そうです。
この挿し絵、一見すると2Dの絵の様ですが実は3Dで描かれているもの。

sashie2_04.jpg
なので人物をダブルクリックして別の人物の素材と入れ替えるなんて芸当も出来ます。

sashie2_06.jpg
更に右側にあるフィールドでカメラ位置を操作したり、絵柄の質感を変更(リアル3D風やアニメ風など)に変更もできたりします。

sashie2_07.jpg
個人的に良かったのがキャラのワイヤーフレーム・モデルを作成できること。
これスゲーやりたかったんですが自分では作れないし、この手の素材って無いんですよね。
しかも、さし絵スタジオ2で作った画像は再加工できるような状態でない限り商用利用も可能となっているのが最高に便利。

動作がチョット重かったり(古きCore2Duoマシンで使用)人物と背景が同時にある素材で(ポーズ込みの)人物のみ、または背景のみを使いたい場合の切り離しが別ソフトでないと出来ない(まだマニュアルを全部読んでいませんが、少なくとも別ソフトが必要そうな気配)等の部分はありますが、それでも500円となると色々と遊べそうです。

まあ取り敢えずは・・・マニュアルを読み込むところからスタートですな。


スポンサーサイト
2018/02/02 Fri. 18:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://soundoptimize.blog75.fc2.com/tb.php/2603-e8a9a662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)